第5話 フィリピンパブに嵌ったら300万円は抜かれる可能性がある

キモイ男・勘違い男・キモオタ

フィリピンパブが全盛期の頃、フィリピンパブの店長たちは「ひと嵌り300万円」という目標を立てていました。「この客は嵌る」と思うと、その客から300万は吸い取れると思ったそうです。 フィリピンパブが日本の盛り場に現れたのが ‥‥

第4話 働き過ぎの人生に疲れたときフィリピンに出会ってしまった

疲れたとき疲れたときフィリピーナに会ったフィリピーナに会った

戦後の10年は混乱期でしたから、体に障害があっても、外国人であっても、いわゆる身分階級が下層と言われる人たちでも、街にはいろんな事情を飲み込む器がありました。 そういった事情がありますので、下町の人間は陰に弱いと言います ‥‥

第3話 日本のフィリピンパブとマニラで2億円貢いだ男

高度成長期の下町

満田はフィリピンパブに8年間嵌り、フィリピンの現地に嵌って5年が経過しました。その間に使った金は正確ではありませんが、軽く2億円を超えています。 フィリピンのマニラに毎月やってきては1週間滞在し、200万円を綺麗に使って ‥‥

第2話 フィリピン・マニラの要求に彼は応えるべく生きている

フィリピンマニラの夜・夜遊び

満田は他にも沢山いる「フィリピンのマニラに嵌ってしまった男たち」と同じように、フィリピンのPHI(フィ)という音が聞こえただけで頭の回路が止まってしまい、何の抵抗もなくお金をサクサクと出してしまいます。 フィリピンのマニ ‥‥

第一話 天ぷら屋の主人はいつもフィリピンの事を考えていた

フィリピンのゴーゴーバー

いつの時代にも女性にうつつを抜かしたり、博打に嵌ったり、酒におぼれたりして一財産を投げ出す人がいます。こういう噂話はフィリピンでも山ほどありますが、多くの人は聞き耳を立ててしまいます。 沈没していく人間の話などどうでもい ‥‥