無知な日本人はフィリピンで過ごすのに金がかかる

フィリピン・退職者ビザ

フィリピン人女性を追いかけてフィリピンまでやってくる人の多くが、彼女と別れてしまいます。無事に結婚する人もいますが、離婚する人も多いのです。

離婚の原因はお金と家族内のごたごたが殆どですが、離婚したとしても日本へ帰国する人は少ないのが不思議です。フィリピン人にコテンパンにやられて、大きな損害を受けたとしても、まだフィリピンに住み続けたいと思います。

田舎のフィリピーナが純朴と思うのは妄想のたまものだ

フィリピン・ダバオ

マニラやマカティ、ケソンは大都市なので外国人慣れしているフィリピン人が沢山います。外国人を見かけても珍しいとも思いませんし、仕事上で外国人と話す機会があるフィリピン人も多いです。

日本でもそうですが、東京や大阪などの大都市では暑中外国人を見かけますし、自分が住んでいるマンション外国人が住んでいることは普通にあります。

しかし、田舎に行くとなかなか外国人と知り合う機会はありません。そもそも外国人が田舎にやってきませんので、見かけただけでジッと見てしまいがちです。

フィリピーナ母の工作活動は我々日本人では歯が立たない

詐欺師のフィリピーナ

フィリピーナの実家に行って妙な正義感や罪悪感や何とかしてあげたいという気持ちになり、資金を出してあげることを約束してしまいます。

レストランを街中で出店したいと要望があり、資金提供を約束した日本人の話の続きです。

早速物件を探してきて日本人に物件資料を見せますが、レストランと同時にカラオケもやりたいと言い出します。

第一話・不治の病であるフィリピン病を深く考察すれば、あなたの未来は開ける?

フィリピン病にかかる日本人

私も含めて沢山の日本人がフィリピンの毒牙にかかり、抜けられずにいます。いわゆる不治の病であるフィリピン病ですが、この病にかかっていく様を考察したいと思います。日本のフィリピンパブに行って、心と魂をフィリピーナに揺さぶられます。10代、20代の若くてピチピチのフィリピーナに「あなたアイシテル、あなた、スキ」と言われてしまい、平静を装っていますが心と股間はギンギンです。

日本での在留資格を得るためであれば、あらゆる書類を偽造する

フィリピン偽造書類

近畿地方のある市で会社を運営している社長がいました。その社長の娘さんが42歳と言う若さで急死しました。社長は娘の死を心から悲しみ、打ちひしがれていました。自分の子供が自分よりも早く死を迎えることほど悲しいことはありません。

葬儀も終わり、娘の死を悲しんでいるとフィリピン人の男が突然現れました。この男は社長に向かって「自分は死んだ娘の夫だ」と言います。社長は何を言ってんだこのフィリピン人はと相手にしていませんでした。