○年間もフィリピンに毎月○○万円を送金していた日本人

海外送金

フィリピンパブ全盛期のころ、日本の景気も良くて羽振りのいい日本人が沢山いました。この日本人男性は設計事務所を経営していて、大きなマンションやビル、特殊建築物などの設計をしていました。

従業員も10人を抱え、設計事務所としては、まずまずの収入を得えていました。そんな中、ある日本人男性がフィリピンパブでフィリピーナに惚れて親しくなりました。

フィリピーナは6か月経過するとフィリピンに帰国しなければなりませんが、帰国にも帯同し、何度もフィリピンへ渡航していました。フィリピーナとの間には子供が生まれましたので、そろそろ結婚をしなければと考えていたのですが…。

N0.2 日本人女性がフィリピン人男性と結婚して幸せな家庭を築くはずだったのに…

日本人女性は彼との結婚を夢見て努力してきました。ようやく結婚式が出来る準備を相談しているときに、彼が妙な提案をします。本来であれば自宅から近いホテルやレストランで行うはずの結婚パーティを、かなり離れた地域のレストランでやろうと言い出しました。

フィリピンでの結婚式の方法がわからない彼女ですので、彼の言うままにフィリピンの自宅から100㎞ほど離れた場所に、結婚式場の予約をしました。予約をする際に彼がまた不思議なことを言い出しました。

N0.1 日本人女性がフィリピン人男性と結婚して幸せな家庭を築くはずだったのに…

バリ島

日本人女性の旅行先で人気があるのはインドネシアのバリです。南国の柔らかな雰囲気や東南アジア独特のにおい、料理、ホテル、男性?達が日本女性を魅了しています。

ある日本女性がインドネシアのバリへ旅行に行きました。日本円で1万円も払えば、かなり豪華なホテルに宿泊できます。豪華な部屋と美味しい料理とお酒を楽しんでいました。

裕福だった弟がフィリピーナと同棲し始めると借金まみれになった

詐欺師のフィリピーナ

昨今、恋愛経験が少ない日本人男性が増えています。特に若い世代の男性の恋愛経験の少なさが取りざたされています。

派遣社員やアルバイトと言った不安定な仕事に就くと、女性からもなかなか相手にされずらいとも聞きます。

昭和世代の男性たちは女性に対して積極的で、良い悪いは別にしてバブルもあり、いろんな経験を持っています。恋愛経験豊富な男性も多いですが、中には根っから奥手な男性もいます。