男女格差2013年 フィリピンが世界5位に躍進

フィリピン女性格差なし

フィリピン在住17年。元・フィリピン退職庁(PRA)ジャパンデスクで、現在は「退職者のためのなんでも相談所」を運営する志賀さんのマニラレポート。2013年版の「男女格差報告」で、フィリピンは世界第5位と大躍進。男女平等どころか、志賀さんが感じるフィリピンは、家の中でも外でも女性上位の国という。

 スイスの世界経済フォーラム(WEF)は2013年版の「男女格差報告」で、フィリピンが世界第5位と発表した。上位4カ国はすべて北欧諸国で、東南アジアの国としてはダントツ。ちなみに日本は136カ国中105位だった。

フィリピン航空・日本発着便のマニラ、セブでキャンペーン往復20,000円から

フィリピン航空キャンペーン

フィリピン航空の日本発着便でビッグキャンペーン中です。キャンペーンは東京/成田・名古屋/中部・大阪/関西・福岡〜マニラ・セブ線です。 キャンペーン期間は2014年1月15日まで。 東京/成田発が往復30,800円~、名古 ‥‥

セブ航空がタイガーエアーを傘下に事業規模拡大か

セブパシフィック

タイガーエアウェイズは、同社が100%保有するタイガーエア・フィリピンの株式のうち、40%をセブパシフィック航空に売却すると発表しました。

また、タイガーエアウェイズとセブパシフィック航空は、両国当局の承認が得られれば、シンガポールとフィリピン各地を結ぶ路線でコードシェアや、両航空会社での接続、インターライン契約を実施する見込み。

タイガーエア・フィリピンは、5機を保有し、マニラとクラークを拠点に国内・国際線を11都市に運航。セブパシフィック航空は、48機を保有し、同じく57都市に運航しています。

海外で力強く働くフィリピーナ達

ofw フィリピン人海外出稼ぎ

OFWとはOversea Filipino Workerの略。あえて翻訳すると海外出稼ぎフィリピン人労働者となります。ご承知のとおり、フィリピン経済はこのOFWに支えられているといえるほど大量のフィリピン人が海外に出かけていって外貨を稼ぎ、せっせと国に残された家族に送金しています。

フィリピンの元大統領ラモス氏は靖国参拝を容認

フィリピン元大統領ラモス

フィリピンのフィデル・ラモス元大統領は2014年1月4日付けの地元紙「マニラ・ブレィン」に寄稿し、安倍晋三首相の靖国神社参拝を問題視すべきではないとの考えを示した。ラモス元大統領は、最近の日中間の動きを

「地域、世界政治における互いの影響力を切り崩そうとする動き」だとした上で、中国が批判している靖国参拝を念頭に

「第二次大戦中の日本による占領でひどく苦しんだ国民として、我々フィリピン人は、最近の中国人のように不満を表明したり(日本に対して)敵意をいだくべきなのだろうか」として、フィリピンは中国と足並みをそろえるべきではないと主張した。