<スポンサードリンク>

第6話 アイタタ親父の8割はフィリピンパブからフィリピーナに嵌る

フィリピンパブ

フィリピンパブの最大の魅力は恋愛から数十年遠ざかっていた中高年や、恋愛をしたことが無い男性にとって最高の場所です。理由は何といってもお金が発生するものの、疑似恋愛が楽しめるからです。

日本のキャバクラやスナックでも出来なくはありませんが、稼ぎがホステスやママの方が多いことがあり、どっちがお客だかわからないことがあります。また、疑似恋愛と言う面ではフィリピンパブに軍配が上がります。

こうしてアイタタ親父たちが夜な夜なフィリピンパブに通い続け、あるいは通わされ続けることになりました。しかし、サラリーマンの場合、自由になるお金はそうそうある訳ではありません。

icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

<スポンサードリンク>

自営業者はフィリピンパブに数千万規模で金を突っ込む

サラリーマンの自由になるお金は平均50万円前後と言われています。フィリピーナに会いたいがために、まず、自由になる資金が吐き出されます。次にクレジットカードのローンで50万円ほど借金をします。

そしてサラ金へ走って借金をし、返済が出来ずに詰まってしまいます。この間が人にもよりますが3~5か月ほどです。この3~5か月が『ひと嵌り」で、使う金額は大体200~300万円だそうです。

『ひと嵌り」は一人のフィリピーナに嵌ることですが、二嵌り、三嵌りになっていくケースも沢山あります。こうなってくるとサラリーマンではお金が続きませんので、大体自営業者になってきます。

自営業者になれば自由に使えるお金が増えますので、嵌り具合が大きくなります。

初心者コース…何回か嵌っていくうちにタガログ語に興味を示します。

中級者コース…帰国したフィリピーナを追ってフィリピンへ行くうちに、フィリピンそのものに嵌ってしまいます。タガログ語とビサヤ語を聞き分けられるようになります。

上級者コース…フィリピーナと結婚し、子供を作ります。既婚者の場合はフィリピンに愛人を作り、子供がいる場合もあります。

プロフェッショナルコース…フィリピンに住み、フィリピンを永住の地と決意します。

このフィリピンズボ嵌りコースを満田は順調にこなしていきました。

フィリピンパブ

満田が初めてフィリピンパブに出かけたのは、友人から誘われたからでした。胃に潰瘍が出来ていて、あまり気のりはしませんでした。しかし、浅草のフィリピンパブで数時間遊ぶと、あっという間に虜になりました。

満田は子供の頃から白人に憧れていましたので、メスティーソのフィリピーナにゾッコンでした。メスティーソとはスペイン系の血を引くフィリピン人の事で、目鼻立ちがはっきりしているフィリピーナを言います。

メスティーソのフィリピーナ、joanに満田はマンションを借りてやり、家業の割烹料理屋の傍ら、joanの元に通いました。マンションを借りる際に、家具、家電など一式そろえてプレゼントしました。

ある日、いつものようにjoanの元を訪れると、全ての家財道具が無くなっていました。満田のショックは隠しきれませんでした。今まで女性に裏切られた経験がないので、意気消沈してしまいます。

もう二度とフィリピーナに関わりたくないと思って、数日後に錦糸町のフィリピンパブに足を踏み入れると、意気消沈が一気に吹き飛んでしまい、またもやフィリピンパブに嵌りました。

続く

<スポンサードリンク>

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします

 

dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>