<スポンサードリンク>

第二話 フィリピーナに150坪の一軒家と7,000坪の農園をプレゼントしてしまった

フィリピンでの結婚式

ゴルフ場のキャディに毎月5万円の仕送りを初めてしまった日本人の続きです。仕送りを始めるようになってから、2~3か月に一回はフィリピンを訪れるようになりました。
 
2回目以降、彼女のフィリピーナと会う際は、友達に内緒でフィリピンへ渡航しました。オジサンが若いフィリピーナに会うために、鼻の下を伸ばしながら飛行機に乗る姿は中々痛々しいものがあります。
 
彼女と定期的に会い、愛が深まる関係が続きました。彼はフィリピーナに言われるがまま、大きなプレゼントをしました。なんと敷地150坪の一軒家と7,000坪の農園です。
 
icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
 
<スポンサードリンク>

 

高齢になってからの恋愛は危ない

 
大きな家に大きな土地ですが、フィリピンのかなり郊外に購入しました。価格は1,200万円でした。彼が農園を買った理由は、彼女が農園の利益で生活できるだろうと見込んでのことです。
 
彼はこのとき、すでに息子に会社の経営を譲っていて、フィリピンに移住する計画を立てていました。彼の日本人妻とは20年以上別居生活が続いていました。
 
世間体やら自分の生活資金の確保などを優先して、妻は彼との離婚に応じなかったようです。ですから彼にとって日本での生活は、とても満足できるものではありませんでした。
 
別居しているとはいえ婚姻状態にありますので再婚も出来ません。彼女でも作ろうものなら、噂になって会社にも影響があります。ですから我慢を強いられる生活を何十年も続けていました。
 
フィリピンでの結婚式
 
こういった状況で若いフィリピーナと知り合ったのは、彼の中では運命だとさえ感じていました。忘れていた彼の淡い恋愛感情が、高齢になって一気に噴き出しました。
 
フィリピンを訪れて2年ほど経過したのちに、彼女の実家で盛大に結婚式を挙げました。もちろん日本の家族、友人には内緒で行いました。
 
フィリピンの田舎でに結婚式は、御多分に漏れず派手です。彼の結婚式の時も100人以上近所の人やら親戚が集まってきて、飲めや歌えの大騒ぎでした。
 
もちろん費用は全て彼が払いました。結婚式代、パーティー代は軽く数十万円は超えていました。また、彼女の奥さんへの結納資金として30万円も渡しました。
 
続く
 
<スポンサードリンク>

 

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします
dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>