<スポンサードリンク>

フィリピーナ母の工作活動は我々日本人では歯が立たない

詐欺師のフィリピーナ

フィリピーナの実家に行って妙な正義感や罪悪感や何とかしてあげたいという気持ちになり、資金を出してあげることを約束してしまいます。
 
レストランを街中で出店したいと要望があり、資金提供を約束した日本人の話の続きです。
 
早速物件を探してきて日本人に物件資料を見せますが、レストランと同時にカラオケもやりたいと言いだします。
 
さらに、レストランで使うお皿はプラスチックなどではなく、陶器のきちんとしたものを使いたい、カラオケの設備は最新式にしたいと要望がどんどん大きくなります。
 
icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
 
<スポンサードリンク>

 

フィリピーナ母は金のためならあらゆる手段を使う

 
娘が日本から連れてきたオッサンの金づるを逃がすほど、フィリピーナの母は甘くありません。やり方としては可能が限りお金を出させようとする、単純なやり方ではあります。
 
母親の要求する額が、日本人が思っている額よりも遥かに超えはじめたとき、初めて日本人はNOと言います。例えば、100万円の予算であれば200万円、300万円になってからNoと言いますので遅いのです。
 
母親はすでに日本人の許可を取らずにお店の賃貸契約を結び、家賃の数か月分を内金として支払っています。日本人は、そんな大きなお金は出せないから、解約してくれと言います。
 
母親は渋々解約しますが、内金が返金されていることは決して日本人には言いません。自分の懐にしっかりと入っています。
 
フィリピーナの母は強し
 
しばらくすると今度は自宅を立てたいと言い出します。日本人はお気にのフィリピーナや家族と住める自宅を建てるならと思い、100万円近くのお金を渡します。
 
渡したら最後、なんだかんだと理由を付けてきて、結局話はまとまらずに終了します。100万円近くのお金は、話がまとまらなかったら絶対返金するようにきつく言っていました。
 
ですからお金は返金されましたが、レートが滅茶苦茶に悪くされたペソに換金されて返金されました。ここでも中抜きされていました。
 
フィリピンの片田舎に住むフィリピン家族でも、結構な悪知恵を持っています。日本人が建てた家がフィリピン中にありますので、日本人からいかに資金を出させるかと言う手法は出回っているのでしょう。
 
ビジネス、投資、換金、重婚、ありとあらゆる手法で商売をするフィリピン人が家族の中にいることを忘れると痛い目に遭いますね。
 
<スポンサードリンク>

 

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします
dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>