<スポンサードリンク>

田舎のフィリピーナが純朴と思うのは妄想のたまものだ

フィリピン・ダバオ

マニラやマカティ、ケソンのような大都市は、外国人慣れしているフィリピン人が沢山います。外国人を見かけても珍しいとも思いませんし、仕事上で外国人と話す機会があるフィリピン人も多いです。
 
日本でもそうですが、東京や大阪などの大都市ではしょっちゅう外国人を見かけますし、自分が住んでいるマンションにさえ外国人が住んでいることがあります。
 
しかし、田舎に行くとなかなか外国人と知り合う機会はありません。そもそも外国人が田舎にやってきませんので、見かけただけでジッと見てしまいがちです。
 
これは日本でもフィリピンでも同じで、地方に外国人が来るとどこからともなく人が集まってきて、外国人と話そうとしたり、話すのが恥ずかしい場合は遠くから見ています。
 
icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
 
<スポンサードリンク>

 

フィリピン人に対する固定観念を無くすには時間がかかる

 
フィリピンの田舎へ我々日本人が訪問すると、どこからともなく人が集まってきて我々を見学しています。子供たちは数十人単位で集まってきますので、遊んであげると大喜びです。地方の人と戯れると、素朴でイイなぁと感じるものです。
 
我々には『田舎の人=素朴・純朴・騙さない』という固定観念があります。ですから田舎に住むフィリピン人達にあまり警戒しません。実際素朴な人も多いので一概には言えませんが、田舎のフィリピン人を舐めるとエライ目に遭います。
 
田舎には飲み屋が少なく、お客といっても地元の人がメインですので多額のチップなどはもらえません。生きていけるギリギリのチップぐらいが関の山です。こういった田舎の飲み屋に日本人が登場すると、飲み屋の中がざわめきます。
 
「ハポンが来た!」と。
 
『ハポンが来た=金が来た』ですので、女性たちはもちろん、ウェイターやウェイトレスまでチップ欲しさに浮足立ちます。なぜ日本人がここまでお金を持っていると思われているかですが、日本の飲み屋や工場などで務めていたフィリピン人がフィリピンへ帰ると巨額な資金を持って帰ってくるからです。
 
フィリピン・ダバオ
 
さらに、日本人と結婚したフィリピーナたちや日本人を彼に持つフィリピーナが、フィリピン全土の隅々にまで立派な家を立てました。ですから日本は金持ち、日本人は金持ちと言う概念が出来上がっています。
 
もちろんフィリピンの人たちよりは資金を持っていますが、日本では慎ましい生活をしています。
 
モノをむやみに捨てない、必要以上に買わない、無駄遣いをしない、節約志向など、フィリピンと日本の物価が同じなら、日本人の方が節約して生活してるのではと思うぐらいです。
 
日本の慎ましい生活をフィリピン人は知る由もありませんので、『日本人=お金持ち』という妙な図式が成り立ってしまい、私の様な貧乏人からすれば迷惑な話です。
 
話を戻します。田舎の飲み屋に入店すると飲み屋全体が浮き足立ち、沢山のホステスを紹介してもらえます。いろんなフィリピーナと楽しく飲み明かし、意気投合し連れて帰ることもあります。
 
連れて帰り朝を迎えると、自分が脱ぎ散らかした服がきちんとたたまれ、自分より先に起きて自分が起きるのを待っていてくれると「やっぱり田舎のフィリピン人は純朴でいい」と思い込んでしまいます。
 
そうなると彼女を買い物に連れていきます。彼女は遠慮して中々商品を選ばないので、欲しいものを強引に選ばせて次々とカゴに商品を入れます。次々入れたところで我々からすれば安いものです。
 
ここでも「やっぱり田舎のフィリピン人は純朴でいい」に磨きがかかり、ついには素朴なフィリピーナに惚れ込んでしまいます。
 
フィリピーナは日本人を自分に徹底的に惚れ込ましてから、愛情たっぷりの家族一丸となった搾取が始めます。私を含めた皆さんが経験済みの事でしょう。
 
『田舎に住むフィリピン人=純朴・我儘ではない』という幻想を捨てれる日はいつでしょうね。まだまだ、時間がかかりそうです。
 
<スポンサードリンク>

 

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします
dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>