<スポンサードリンク>

第一話・不治の病であるフィリピン病を深く考察すれば、あなたの未来は開ける?

フィリピン病にかかる日本人

私も含めて沢山の日本人がフィリピンの毒牙にかかり、抜けられずにいます。いわゆる不治の病であるフィリピン病ですが、この病にかかっていく様を考察したいと思います。
 

フィリピン病・初期症状・第一段階

 
日本のフィリピンパブに行って、心と魂をフィリピーナに揺さぶられます。10代、20代の若くてピチピチのフィリピーナに「あなたアイシテル、あなた、スキ」と言われてしまい、平静を装っていますが心と股間はギンギンです。
 
毎日、フィリピーナのことを思い出してしまい、居ても立っても居られない状態が続きます。仕事を可能な限り早く終わらせて、「アナタノコトスキ」と言ってくれるフィリピーナ目がけて突進します。
 
何度も何度も通い、最終的にはこずかいはもちろん、カードの限度額まで使いきり、それでも足りないのでアコムとか武富士などの消費者金融に借金します。
 
金額的にはひとり200万円以上と言われていて、200万円を超えると毎月の返済が重くのしかかります。
 
icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
 
<スポンサードリンク>


 

 

フィリピン病・初期症状・第二段階

 
お気のフィリピーナが日本に滞在できるのは6か月間です。この6か月間の契約期間が終わって、あなたの愛するフィリピーナはフィリピンに帰国します。
 
帰国するフィリピーナがフィリピンで浮気しないか、気になって気になって仕方がありません。そこで、フィリピーナが帰国するのと一緒か、数週間後にはフィリピンに渡航します。
 
フィリピンの空港へ着くや否や、お気にのフィリピーナや家族、兄弟達が出迎えてくれます。いい年下オッサンは、誰かに大歓迎など受けたことがありませんので、いたく感動します。
 
フィリピーナの実家に行くと、さらに近所のフィリピン人や親せきたちにも大歓迎されます。大歓迎を受けますが、同時にフィリピン人の貧しさに仰天します。
 
ひとしきり仰天すると、わけのわからない正義感が生まれてきて「彼らを何とかしてあげたい」と思い始まます。この実家に来た時に、フィリピンの貧困や町の汚さに参ってしまう人がいます。
 
日本とあまりにも異なる環境で暮らすフィリピン人を不憫に思ってしまいながらも、彼らに何もできない自分の無力さを感じてしまのです。こういった感情からフィリピンを好きになれずに、フィリピンから遠ざかってしまいます。
 
そうするとフィリピン病にはかかりません。
 
フィリピンへようこそ
 

フィリピン病・発病

 
日本とあまりにも違う環境のフィリピンやフィリピン人を知り、日本に帰国しますが、帰国した翌日にはフィリピンのことばかり考えてしまいます。
 
フィリピーナにはもちろん会いたいのですが、フィリピンのような雑踏の中で暮らしたい、生きたいと思うようになります。
 
日本と言うキッチリと型にはまった国ではなく、フィリピンなら自分を飾らずにありのままで生きていけるような錯覚に陥ります。
 
感情は日増しに高ぶり、ついついHISに連絡して、フィリピン行きのチケットを買ってしまいます。
 
これがまさにフィリピン病でしょう。この不治の病にかかって、フィリピンに滞在している日本人は軽く1万人は超えているのではないでしょうか。
 
続く
 
スポンサードリンク

 
 

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします
dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>