<スポンサードリンク>

No.29 日本の中高年は日本の女性に相手にされない現実を知れ

エルミタ・マラテ・フィリピン

フィリピンに住んでいたり、フィリピン好きなアイタタ親父の一部には勘違いが止まらない人がいます。勘違いが止まらない上に日本人ブランドを必要以上に思い込んでいますので、付ける薬が見つかりません。

こういったアイタタ親父の中に、日本人女性を嫌う人がいます。日本人女性の計算高さや根が不順な点を嫌うのですが、フィリピーナの中にも計算高く金の亡者はいます。

また、体型や仕草など、色んな面が日本人女性よりフィリピーナのほうが上だと豪語します。フィリピーナ上げの理由はフィリピン好きだからですが、別の理由もあります。

icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

<スポンサードリンク>

中高年は経済力がなければ何の魅力もない

日本は晩婚化がすすみ経済格差が広がっています。若い人も中高年も中間層が少なくなり下位層が増えています。生活するだけでギリギリな人は毎年増えています。

異性と交際するには、やはりお金がないとどうしようもありません。お金がないとデートができませんから、進展のしようがありません。

お金が無い上に年令を重ねてしまうと、日本では彼女を見つたり、結婚することが非常に難しくなっています。下記の数字をご覧ください。

30~40代男の「若い子との結婚」が無謀なワケ 30~40代男の「若い子との結婚」が無謀なワケ

20~59歳を5歳刻みで見ていくと、55~59歳で女性が4万人多い以外は、どの年代も男性が2万~19万人多いため、一夫一婦制の日本では必然的に余ってしまうのです。

さらに注目すべきは、50代半ば以降は逆転して女性のほうが多くなること。これは疾病などで男性のほうが早く亡くなるからであり、もしあなたが「『一生に一度は結婚したい』と思っているのなら急いだほうがいい」でしょう。

もう1つ注目してほしいのが2015年の国勢調査。これも20~59歳の男女を対象に5歳刻みで「未婚」「配偶者有」「死別・離別」の割合を見ていくと、どの年代においても男性のほうが独身者の人数(未婚+死別・離別)も割合も、圧倒的に高いことが分かります。

こういった事情ですから、多くの中年男性が余ってしまい、女性と話をする機会さえ無く一生を終えています。異性と触れ合えないのは自分の責任ですが、日本女性に対して嫌悪感や異様なイメージを持ち続けます。

そんな思いの中、フィリピンパブなどでフィリピーナと出会うわけです。そしてフィリピーナは余っているモテない中高年に対して、「アコ、あなたのことあいしてる」と言います。

一度や二度言うのではありません。何度も何度も「愛している」と余っている男たちに囁きます。

日本という経済大国にいながら、異性と全く交際できない余った男たちがこの言葉を聞けば、心が浮かれてしまったり、嬉し泣きさえしてしまいます。

フィリピーナは自分を愛してくれて優しい言葉をかけてくれるが、日本の女性は自分を無視して話もしてくれないと、訳の分からない変換をしてしまいこじらせてしまいます。

そして、”日本の女はダメだ”という発言をするようになります。ダメなのは日本女性ではなく自分です。

しかし自分ではどうにもならないので他者に責任転嫁し、自分を正当化してしまいます。さらに年齢が後押しして頭が固くなってしまいますので、更に悪化してしまいます。

私も含めて中高年の親父達は、全ては自己責任であることを今一度考えるべきでしょう。

続く

<スポンサードリンク>

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします

 

dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>