<スポンサードリンク>

寂しさを紛らわすために騙されてでもフィリピーナを追いかける

フィリピーナに騙される

フィリピンはいつもエキサイティングな国です。恐ろしいぐらいの経済格差と教育格差によって、意図的に大量の貧困層が作られる様は、発展途上国の定番です。
 
文字にして読むと、とても悲しくなります。しかし、フィリピンに足を踏み入れるとフィリピン人のあっけらかんとした姿に、こちらが救われることがあるぐらいです。
 
今ではLCCが普及し、とても安い価格でフィリピンに旅行できるようになりました。セブパシフィック、ジェットスターが価格競争をしますので、フィリピン航空やJALなども価格を下げざるを得ません。
 
icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
 
<スポンサードリンク>

 

寂しさとお金をトレードする高齢者たち

 
公正な競争によって価格が下がるのは、お客としては嬉しいばかりです。フィリピンの空港に降り立つたびにワクワクしましたし、飛び立つたびに帰りたくないと思ったものです。
 
フィリピンは日本人男性にとって有難いばかりのシステムが揃っています。日本人の中高年男性が、日本ではほぼ出来ない若い人たちと楽しく触れ合うことが出来ます。
 
そんな触れ合いを楽しみながら同棲している中高年は、経済力にモノを言わして電化製品、洋服、贅沢な暮らしなどをさせます。
 
しかし、男性が日本へ一時帰国すると、家財道具と自分のパートナーが消えていなくなっていたと言う話は、10万ストーリーでは効かないかもしれません。
 
フィリピーナに騙される
 
このストーリーを中高年は散々聞いて学習しているはずなのに、また別のフィリピーナを求めて、フィリピンの夜を徘徊します。これまで3人のフィリピーナに逃げられた日本人は、酒で焦点が定まらないまま話しかけてきます。
 
「日本じゃ、若い女性はもちろん、若い男からも煙たがられる。日本は老人が楽しく暮らせる国ではないんだよ」
 
彼の言うことはわかる気がします。こんな考えを持ち、騙される可能性が十分あるのに、数千ペソを女性の前でちらつかせる中高年が目につきます。
 
突き詰めると、お互いの腹を探り合うような関係ですが、フィリピン人と言う民族は、そういったとげとげしい付き合いを継続する相手に、不用意な笑みを作ります。
 
フィリピン人が持つ別のスマイルです。日本の中高年はフィリピーナが放つ心にもないスマイルに、勝手に勘違いした愛を感じます。中高年はそれだけ寂しいのかも知れません。
 
仮にフィリピーナが騙すだろうと感じていても、騙されてあげる中高年がいます。騙されるよりも寂しさが勝ってしまい、身の丈のうちで騙されるなら本望だと思うのです。
 
独身の中高年の多くは、自分の寂しさを紛らわすために、今日も夜の街で多くの中高年が騙される振りをするでしょう。
 
<スポンサードリンク>

 

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします
dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>