<スポンサードリンク>

No.13 フィリピン人がもつムダなプライドや見栄っ張りな性格

バコロド・フィリピン

フィリピン人の宵越しの金を持たない生き方は、日本人の私達からする無謀で無計画に見えます。同じアジア人なのに、なぜこれほど違いがあるのかと首を傾げたくなるほどです。

フィリピン人の無計画さには、日本とフィリピンの気候の違いが関係している面が多分にあります。日本には四季がありますが、フィリピンには四季がなく一年中夏です。常夏の国に育つバナナやマンゴ、ココナッツにパイナップルなどの果物がいつでも取れます。

冬がありませんから米の生産も二毛作です。7,000以上の島からなるフィリピンですから、沢山の漁場があります。食べることに限って言えば、フィリピン人はとても恵まれた環境です。

icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

<スポンサードリンク>

フィリピン人の気質や性格は気候や家族の環境によって形成されている

常夏のフィリピンに対して日本は冬がありますから、春~秋にかけて冬をこすための食料を作ったり備蓄します。冬を越せなければ次の春を迎えることが出来ませんから、計画的に生きなければならないという性格が作られました。

現代は文明が高度に発達していますから、フィリピンでも食べるだけの生活以外に欲しいものが沢山できました。とくにスマートホンはフィリピン人にとって、とても大切なアイテムです。

長年の常夏による食べ物に困らない生活によって完成された性格は、簡単に帰ることが出来ません。自分の欲望や見栄のために、ムリをしてでもスマートホンを買って自己満足に浸ります。宵越しの金は持たぬという生き方から、フィリピン人が抜け出せるのはまだまだ先でしょう。

オカマに対して寛容なフィリピン

フィリピンの街なかを歩けばわかりますが、オカマの多さに驚いた日本人は多いでしょう。家族が8人以上いれば1人はオカマが紛れていて、オカマ独特の雰囲気や面白さを醸し出しています。

日本でも最近はテレビの影響でオカマに対してハードルが下がっていますが、同じ職場にオカマがいれば差別されるでしょう。

フィリピン社会は基本的に個人主義ですから、オカマやゲイ、レズビアンだと宣言しても社会全体が受け入れてくれます。

オカマはとてもユニークな才能を持っている人が沢山います。歌や踊り、トークがとても上手です。オカマが一人いるだけでその場が随分と盛り上がるほど重宝されます。

マニラを含む大都市にはコメディーバーが沢山あり、沢山のオカマ達が歌や踊り、トークを披露して観客を楽しませています。

フィリピンでは袖の下やチップが当たり前の社会

フィリピンには一応法律がありますが、チップや袖の下を渡すことで不可能が可能になったりします。日本にはチップの習慣がありませんから違和感がありますが、沢山のチップを渡すことでウェイトレスやボーイたちから、特別なサービスを受けることが可能です。

ボーイやウェイトレスにチップを渡して特別扱いされるのはわかりますが、行政機関や法律家に対しても、袖の下を払うかどうかで対応が異なります。

日本ではありえませんが、公然と賄賂を要求してくる公務員や警官は山ほど存在します。「公務員が賄賂を受け取るとは何事だ。俺は賄賂を絶対に渡さない」と下手な正義感を見せると、物事が全く進まなくなります。

賄賂を渡さなかったために、意地悪をされて必要な事務的な処理が全く進まなかったりします。賄賂を渡すことで物事が解決するなら、渡したほうが賢明でしょう。

フィリピンでは親が子供を躾けて、立派な大人にするという概念が欠けています。子供がレストランやお店で騒いでいても放置状態です。

日本で子供が騒げば親が子供を叱ったり、その場から連れて出たりして他人に対して迷惑をかけないように努力します。最近の父親や母親は以前ほど子供を叱らなくなっていますが、フィリピンほどでは決してありません。

フィリピンでは子沢山ですから、ひとりひとりの子供に対して注意が行き渡らず、自由にさせるしか選択肢がないとも言えます。

家庭で自由に生きていますから、窮屈なルールに縛られることを拒否感を覚えます。会社に勤めて給与をもらうなら、会社のルールに従わなければ給与を得られません。

子供の頃からルールに縛られていませんから、会社勤めをした時にルールに縛られることが嫌になって辞めることがよくあります。

不必要なプライドを持つフィリピン人達

フィリピン人はとてもプライドが高い民族と言われていますが、本来プライドとは自分自身の中の誇りです。フィリピン人の見栄っ張りや面子を気にする、自分の否を全く認めないという生き方は、プライドというよりも無駄な自尊心でしょう。

医者、弁護士や役人たちは、自分たちは次元が違う人間だと思いこんでいます。ですから自分のプライドを傷つけられると、自分の権力や地位を利用してやりたい放題しがちです。

物事を冷静に善悪で判断できる日本人とは大きく異なります。フィリピン人は自分の約束時間を平気で遅れますが、こちら側が遅れると逆ギレしかねません。

例えばフィリピンの役所の人間と何らかの打ち合わせや面接をしなければならないとします。渋滞などによって時間に遅れてしまうと、下手すれば二度と面接をしてくれないことさえあるぐらいです。

医者や弁護士なども同じで、相手は時間に遅れてきますが、こちらが時間に遅れると診断や面談をしてくれません。フィリピン人の中で位の高い人間は、とても面倒な人が多いです。

続く

<スポンサードリンク>

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします

 

dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>