<スポンサードリンク>

No.19 英語・タガログ語が話せなくてもフィリピンへ移住しよう

英語

海外旅行する場合は英語が必修ですが、日常会話レベルの英語が話せる日本人は殆どいません。片言でも話せればジェスチャーでなんとかなりますが、全く話せない人は半分以上いると思います。

英語が話せないから海外旅行を断念する日本人は、結構な人数いるような気がします。海外移住となれば英語なしでは有りえないと思われがちです。

実際には英語もタガログ語も話せない状態で移住して、移住したフィリピンで英語やタガログ語が話せるようになってます。

icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

<スポンサードリンク>

フィリピンに来てフィリピン人と接すれば必然的に英語やタガログ語が話せるようになる

フィリピンに移住すれば、フィリピーナと同棲するにしても英語かタガログ語は欠かせません。移住した当初はすべての通訳をフィリピーナに頼みますが、あまりの不便さにストレスが溜まります。

いつも日本語のわかるフィリピン人がそばにいるわけではありません。1人で街を歩くときもあれば、何か聞きたいときもあるでしょう。そういった時に、自分の語学力の無さを痛感し、奮起する人がほとんどです。

幸い、日常生活をしていく上でタガログ語や英語が耳に入ってきますので、少しずつ英語とタガログ語が聞き取れるようになります。

聞き取れるようになると話せるようになりますから、少しずつ語彙が増えて英語やタガログ語で話すことが楽しくなります。

人間は必要に迫られないと行動しませんが、必要に迫られた時の集中力は素晴らしいです。現時点で英語やタガログ語が出来なくても、何度かフィリピンに通ったり、短期滞在することで必要に迫られます。

英語やタガログ語が完全に話せるようになってからフィリピンへ移住しようと思っていると、いつまでたっても移住は出来ません。

私達日本人は几帳面すぎる面があり、発音や文法にこだわってしまいがちです。フィリピン人であっても英語の文法はメチャクチャな場合が多々あります。それでも全く問題なく通じていますので、間違えを気にする必要はありません。

子供の頃に英語圏で暮らしていた人はネイティブレベルで話せますが、日本で生まれて日本で育てば日本語だけがネイティブです。

日本に長く住む外国人が日本語を私達と同じレベルで話せる人は殆どいません。どこかしらイントネーションが違ったり、語彙力不足を感じます。それでも問題なくコミュニケーションが可能です。

言葉はコミュニケーションのツールですから、完璧なツールを求める必要はありません。私達や通訳ではありませんから、英語やタガログ語に完ぺきを求めなくても十分フィリピンを楽しめます。

英語

フィリピンへ移住したらすぐに語学学校へ通う

フィリピンへ移住したらすぐにマニラやセブなど、大きな都市の語学学校へ通うことをお勧めします。移住した当初は、いろいろ気持ちが高ぶっていますから新しいことを学びやすい心理状態です。

フィリピンへ移住してフィリピン人と交流がしたい、フィリピンでビジネスがしたい、フィリピーナと交際したいという気持ちが高ぶっているときを逃してはいけません。

フィリピンへ移住して数ヶ月もすれば、フィリピンの生活に慣れてしまい、新しいことへの対処が難しくなります。

とくに中高年になると変化への対応が難しくなります。気持ちが高ぶっている時期こそ変化へ対応し易いときです。

英語かタガログ語への語学学校へ通う時間がなかったり、物理的に難しい場合はスマホに英会話のアプリをインストールしましょう。英語のアプリは沢山ありますから使い放題です。

また、YouTubeでも英語の勉強が可能です。「英会話」で検索すれば、無料で沢山の英語講座を見ることができます。英語はインターネット上でも学ぶことが可能です。

1ヶ月に5,000円~6,000円の費用で、毎日、フィリピン人の英語の先生と会話が出来ます。毎日30分の英会話を続けるだけで、半年後には驚くほど話せるようになっています。

 会員数50万人突破!業界No.1のオンライン英会話 「レアジョブ英会話」

ポイントは英会話やタガログ語での会話を毎日続けることです。日本語が達者なフィリピン人やフィリピンに住む日本人とばかり一緒にいると、英語やタガログ語は全く上達しません。

フィリピンに長く住んでいるのに1人では何も出来ない高齢者がいますが、彼らはの多くはフィリピン人に搾取されています。言葉が話せないということは、長期間に渡ったお金を払い続けることにもなります。

そしてお金が無くなれば、言葉もわからないフィリピンで捨てられます。60代、70代でお金が底をついて捨てられたり、虐げられている日本の高齢者の末路ほど悲しいものはありません。

自分を守るという意味も含めて、英語かタガログ語を学びましょう。

終わり

<スポンサードリンク>

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします

 

dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>