<スポンサードリンク>

No.7 「フィリピン人に騙された」という人は自分の愚かさに気づいていない

フィリピンの通り

フィリピンで自分で買った家なのに妻から追い出されそうになり、家賃を妻に払っている残念な日本人の続きです。彼はしばらく自分でお金を払った妻の家に居候することになります。

最終的には自分でお金を払った妻の家から出てアパートに移りました。妻から追い出されたということです。

「仕方ないよ。ホントに。どうしようもないね、フィリピン人は。どうしようもないフィリピン人を信用した俺はもっとどうしようもないよ。知り合いもフィリピン人に騙されて家を追い出されてたね」

icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

<スポンサードリンク>

言葉もフィリピンの文化も習慣も知らずにフィリピンに移住しても…

「俺はタガログ語も英語も話せない。だから妻の言いなりになっていたんだよ。妻の言いなりになった理由は妻を信用してたから。そんな妻が最終的には金の無心をして、俺を半ば追い出したんだからね。

俺みたいに高い授業料を払っている日本人は多いだろうね。日本人は他人を信用してしまいやすいからね。日本人同士なら疑うことより、信用することが当たり前だから」

彼が家から出て行った後、妻は自宅を売却しました。売却した利益はもちろん妻が持っています。彼がお金を払って買った家ですが、売却するときの理利益はフィリピン人が手にするのです。

ひどい話ですが、これがフィリピンの現実ですし、こういった話は掃いて捨てるほどフィリピンには転がっています。

彼は1ヶ月2,500ペソのアパートで、食費は毎月1万円以内に抑えています。資金が底をつきかけていますので、年金を受給できるまでは何とか凌がなければなりません。

フィリピンの通り

自宅を買い、養鶏場を買い、妻の兄弟たちにジプニーを買い、妻の家族にお金を無心されれば、5,000万円近い退職金はさすがに底をつきかけてしまいます。

中高年がフィリピーナに惚れて小金を持ってフィリピンに行くと、何故か家を買い、そして商売を始めたがります。最終的には家を取られ、商売は失敗し、自分のお金は底をつきます。

日本に住んでいる時から何らかの商売をして、商売のノウハウを持っているのなら別です。サラリーマンや公務員が、何の知識もなしにフィリピンで商売を始めたところでうまくいくはずがありません。

言葉も話せない、商習慣も知らない、法律も知らない、ナイナイづくしでフィリピンという香ばしい国でビジネスをするのは無理です。

無理なのに惚れたフィリピーナにせがまれると、財布の紐が緩んでしまい、最終的には捨てられます。そして「フィリピン人に騙された」とフィリピンでわめくのです。

自分の力の無さ、勉強不足、対応力の低さなど欠点だらけなのに反省しませんから救いようがありません。日本でもこういった人は老後破産をして困窮生活を送っています。

今の自分は過去の自分が作り上げてきた姿であり、今の自分は未来をつくり上げることになります。

フィリピンでも日本でも全て自己責任です。

続く

<スポンサードリンク>

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします

 

dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>