<スポンサードリンク>

No.11 フィリピン人の性格を理解すれば良好な関係を継続できる

フィリピン家族

フィリピン人と日本人との離婚率の高さは40%を軽く超えています。たしかに離婚率は高いですが、幸せにフィリピン人との婚姻を継続している日本人男性が50%以上いますから、良好な関係を継続するのが不可能ではありません。

フィリピン人と結婚してから知るフィリピン人を知るのもよいですが、やはり結婚する前にフィリピン人がどういったメンタルを持っているかを知ることは大切でしょう。

フィリピーナと幸せな婚姻や交際を続けるために必要な、知っておくべきフィリピン人のメンタルを紹介しましょう。

icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

<スポンサードリンク>

フィリピン人の依存体質は家族愛の延長

フィリピン人は家族を大切にする民族ですが、この家族第一主義が依存体質を産んでいると言われています。私達日本人が思うフィリピン人の素晴らしい点は、分かち合い、助け合い、愛情深さなどです。

フィリピン人の家族を大切にする気持ちは、私達日本人からは考えられないレベルです。家族旅行や親戚の集まりがあれば一目散に参加しますし、家族行事のために会社を休むことを当たり前だと思っています。

中間層以下のフィリピン人家族の多くは仕事がありません。職がありませんからお金もないですが、お金がない人をお金を持つ家族が助け、守っていくのがフィリピンのスタイルです。

「家族のために」というスタイルは素晴らしいですが、家族に守られすぎていますのでストレスに極めて弱いのが特徴です。仕事や人間関係でストレスがあれば家族に相談し、下手すれば家族は仕事を辞めさせてストレスから開放させようとします。

仕事をやめれば食えなくなりますが、家族や兄弟、親戚の中には働いている人間に頼ろうとします。お金がないフィリピン家族はお金がある親戚や家族に依存しながら生き続けるのが、フィリピンでは当たり前なのです。

お金をもつ人間にいろんな人が集まってきて、いつのまにやら大家族になっているのはこういった共依存が原因でしょう。

私達日本人からすれば、働いていないというだけで軽蔑されかねません。少々のストレスや辛さは仕事につきものだと思っていますから、弱音を吐くことに対して叱咤激励します。

フィリピン人に「どうして働かないの?給与は安くても仕事はあるでしょ?」と聞いたところでムダです。こういった質問は嫌われるだけなので辞めたほうが懸命です。

探せば仕事はありますが、フィリピン人は「仕事がない」と言い切ります。本気で探しているはずもなく、ただただ毎日をダラダラ過ごすのがフィリピンスタイルです。

フィリピン家族

自分が働かずに食べられる環境であれば、そこに依存し続けるのがフィリピン人です。こういった依存心が強いフィリピン人ですから、アイタタ親父を捕まえてお金を引っ張ることに長けています。

日本人は未だにお金持ちと思われていますから、フィリピン人に依存されてしまうとお金がなくなるまで吸い尽くされます。フィリピーナの親戚や兄弟だからといって、甘い顔をしていて家を占領されてしまった日本人は未だに跡を絶ちません。

自分が数百万円も出してフィリピンで建てた家ですが、フィリピーナの家族や親戚が住み初めて、自分が追い出された人さえいます。

フィリピン人のホスピタリティや人懐っこさ、愛情深さは素晴らしいですが、あまりにも心を許してしまうと調子に乗って、ベッタリと依存されますから気をつけましょう。

逆に悪い面は怠惰な気質、嫉妬心、ストレスに対する弱さなどがあります。日本人は勤勉で真面目、ストレスに強いですが、あまりにも正確を求めすぎるために心を壊してしまいがちです。

フィリピーナやフィリピン人がもつ強烈な嫉妬心

フィリピーナの愛情深さは日本人女性とは比較になりません。ハゲ散らかしていようが、加齢臭満載の巨漢な親父であってもフィリピーナは惚れてくれます。

愛情が深い分、嫉妬心はハンパではありません。

日本では女性から相手にされないアイタタ親父に、若いフィリピーナが惚れてくれるわけですからありがたい話です。恋愛から遠ざかりがちな中高年が、年齢差20歳以上の若いフィリピーナに優しくしないはずがありません。

この優しさにフィリピーナは惚れてくれますが、惚れ度がいつの間にやら逆転し、強烈に嫉妬されるようになります。

いつ、どこで、誰と、何をやっているのかを徹底的に聞くのがフィリピーナです。日本ならストーカーと言われかねませんが、フィリピンでは至って当たり前の行動です。

フィリピン人づまがいるのに浮気してしまい、それがバレて刺されたり、財産を根こそぎ持っていかれたり、下手すれば殺害されることもあります。

私達日本人が持っている常識と、フィリピン人がもつ常識は大きく異なることを常に意識しましょう。

フィリピン人の借金体質は逆恨みがあるので注意が必要

家族や親戚に依存するのが当たり前のフィリピン人ですが、周りの人間に借金をして依存することもよくあります。友達や知り合いは当たり前で、会社にも借金を申し出ることは珍しくありません。

私達日本人のような優しさやお人好しな民族は、フィリピン人からすれば最高のカモといえるでしょう。

日本人にお金を貸しても戻ってくる確率は高いですが、フィリピン人にお金を貸して戻ってくる確率は低いです。フィリピン人に一旦お金を貸すと戻ってこないと思ったほうがよいでしょう。

ただ、貧困層同士でお金の貸し借りの場合、お互いに明日の食料が買えません。ですから返さなければならないという義務感と、返さないととんでもないことになるという恐怖感から返済の努力をします。

日本人を含む先進国の人間からお金を借りても、お金持ちだから返さなくてもよいという自分に都合のよい解釈をします。

お金を返すように請求しても、アイフォンを持ちながら「いまお金がないの」と平気でフィリピン人は言います。日本人にお金が返ってくるとしても、すべての借金が精算され、余れば日本人に返ってくると思ってください。

借金を頼まれる側は本当に嫌な気持ちになりますが、借金を断ってしまうと「私と喧嘩したいわけ?」と逆ギレされかねません。

フィリピーナを含むフィリピン人との付き合いの中で、お金を貸す貸さないは大切な要因です。お金は貸さないとはっきり言っておくことが懸命でしょう。

それでもお金を貸す場合は、プレゼントとして渡しましょう。

続く

<スポンサードリンク>

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします

 

dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>