<スポンサードリンク>

No.18 フィリピンのおいしい儲け話の殆どは怪しい詐欺話ばかり

フィリピン・ペソ

フィリピンは日本のような四季がなく、1年中暖かい気候です。若い頃は寒さに対して何も思いませんでしたが、中年に差し掛かると寒さがこたえます。

60代以降になると更に寒さが辛くなり、神経痛や関節痛などを引き起こします。日本の四季は素晴らしい面がありますが、冬の寒さは体のいろいろな箇所に負担をかけてしまいます。

寒さの辛さもありますが、春と秋の花粉症にもまいってしまいます。毎年、鼻水に悩まされる日本人が後を経ちません。花粉症がきっかけで1年中慢性鼻炎にかかってしまう人もいるぐらいです。

icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

<スポンサードリンク>

フィリピンでの生活は安定した収入があってはじめて成り立つ

フィリピンには冬がありませんし、花粉の季節が存在しません。1年中暖かい気候によって、日本で悩まされていた神経痛や関節痛から開放された中高年は沢山います。

暖かい気候が体のいろいろな機能を回復させているようです。

日本で年がら年中悩まされ続けた花粉がフィリピンでは飛んでいません。花粉症はもちろん、慢性鼻炎さえも治ってしまいます。花粉症や慢性鼻炎が酷い方は、頭がボーッとしたり、微熱が出ることもあるそうです。

鼻水がずっと止まらない生活は相当きつく、集中力が落ちてしまいます。日本では花粉症や鼻炎、関節痛や神経痛の生活が数十年続いていたのに、フィリピンに来て1~2年もすれば完治するのです。

温暖な気候は体にとって負担が軽く、生きやすくなります。

フィリピンの生活様式は多岐にわたる

フィリピンでの生活スタイルは人によって異なります。

  • 日本での仕事を完全にリタイアして、優雅な年金生活を送っている
  • 日本とフィリピンで仕事を持ち、定期的に日比を行き来して生活する
  • 日本の冬を避けて12月~3月だけフィリピンで過ごす
  • フィリピンに現地づまを作って、定年するまでは日本とフィリピンを往復する
  • 日本から逃亡せざるを得なくなりフィリピンで生活する

日本から逃亡せざるを得なくなった人は論外として、フィリピンでの移住を考える場合、生活の注進や資金面を十分検討しなければなりません。

  • フィリピンに完全移住して日本には帰国しない
  • 日本とフィリピンの両方に拠点があり、日本とセブを行き来する
  • 日本に生活の拠点を置き、フィリピンにたまにやってくる旅行レベル

上記のどの形を取るかは、仕事や資金源が大いに関係します。フィリピンで生活するにあたって、お金なしでは何も面白くありません。お金がある程度あるからこそ、フィリピンは楽しく暮らせる国です。

フィリピン・リタイア

フィリピンで商売を成功させるのは至難の業

日本で仕事をしていても将来が見えないので、フィリピンで一念発起したいと思う方もいるでしょう。

そういう方の殆どは何も準備せずにフィリピンへやってきて、お金が底をついて困窮邦人になります。フィリピンで何らかの収入を得る場合、誰を相手に商売するかによって仕事内容は全く異なるでしょう。

また語学力がなければフィリピンでは何もできません。フィリピンで商売をする前に、タガログ語や英語の力をつけることは当たり前です。

「フィリピンなら商売できるかもしれない」と訳のわからない自信は、一瞬で木っ端微塵になります。

日本で商売をしたことない人が、言葉も商習慣も異なる国で商売が成功する確率は極めて低いです。「自分で商売をしなくても知り合いのフィリピン人に任せればいい」という人がいますが、フィリピン人の能力の低さとずる賢さをわかっていません。

仕入れや経費はもちろん、足し算引き算も怪しいフィリピン人がほとんどです。店を作れば人が来る時代は、フィリピンと言えど随分昔に終わっています。

商品力や集客力はもちろん、役人とのつながりやフィリピン人との繋がりがなければ長期間に渡って収益を上げること不可能です。日本から持ってきたお金が底をついた時点で、商売も終了になります。

基本的には日本で商売をしたことがない人は、フィリピンで商売をしても失敗するでしょう。利益を出し続けるために何が必要かを知らずして、商売を続けられるほど甘くありません。

フィリピンの儲け話の殆どが詐欺

フィリピンでの商売が難しいとなると、手元の資金を増やしたいがために投資話に耳を傾けるようになります。エビの養殖や不動産投資、未公開株など、あげればキリがありません。

残念ながら庶民レベルの日本人に入ってくる投資話は、殆どが詐欺であったり眉唾ものです。「利回り20%は確実だから、フィリピンで一生遊んで暮らせる」と持ちかけられることがあるかも知れません。

こういった話を持ちかけるのは、知り合いの日本人やフィリピン人、結婚したフィリピン妻だったりします。

こういった話は全てウソですから、間違ってもお金を預けないようにしてください。庶民の日本人がフィリピンで投資がしたいのであれば、コンドミニアムへの投資やフィリピン株がせいぜいでしょう。

フィリピンのコンドミニアムも最近はだぶついていますから、賃貸料や値上がり益が下がっています。フィリピン株は長期投資であれば、銘柄によって年間3%~5%の利回りは見込める可能性があるでしょう。

成長著しいフィリピン経済ですから、各企業も成長著しいです。それでも年間数%の利回りが精一杯ですから、年間20%の利回りなどプロのトレーダーでも難しいでしょう。

小金を持っている日本人は、フィリピンに住む悪い日本人やフィリピン人に狙われがちです。自分がお金を持っているなどと口が裂けても言わないようにしましょう。

続く

<スポンサードリンク>

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします

 

dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>