<スポンサードリンク>

No.5 日本に疲れた男たちがフィリピンへ続々と向かっている

フィリピン通り、街角

「私は我儘だと思いますよ。妻の両親と同居することは確かにストレスがたまりました。仮に妻の両親とは同居せずに私と妻とで暮らしていたとしても、フィリピンに来たかもしれません。

平凡な毎日を過ごすことよりも、なにか新しい刺激を求めてしまっていたと思います。数十年間に渡って連れ添ってきた妻ではなく、若くて可愛いフィリピーナに惚れたのも刺激が欲しかったのでしょう。

そんな中、世の中は不景気になって会社から早期退職を促されました。30年以上に渡って勤めてきた会社に裏切られたような感覚です。そして会社を辞めた後、自分にはなにもないことが見えてしまったのです」

icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

<スポンサードリンク>

リストラ宣告された中高年はフィリピンで心の洗浄をしよう

希望退職と言えば聞こえはいいですが、リストラを勧告されたのと同じです。退職金を増してもらって退職するわけですからクビよりはマシです。サラリーマンが会社から共用されることは受け入れざるを得ません。

彼の同僚たちも次々と退職することを決意していました。自分だけ退職せずに残る選択もありましたが、新しい仕事に取り組まなければなりません。

下手すれば自分が不得意といする仕事の可能性もあります。50才超えて新しいことにチャレンジすることは大変なことです。更に現在は単身赴任先で自由気ままに暮らせていますが、仕事の内容によっては妻のもとに帰らなければなりません。

フィリピーナに惚れ込んでいましたので、妻や妻の両親と一緒に暮らすなどあり得ないと思っていました。

彼は希望退職の勧告、妻の元へ帰りたくない、フィリピーナと一緒にいたい気持ちによってフィリピンへの渡航を決断しました。妻や家族からすれば大迷惑な話ですが、真面目一筋に暮らしてきたからこその決断かもしれません。

彼は妻と離婚し、フィリピーナと結婚しました。念願かなって、フィリピンパブに勤めるフィリピーナと一緒にフィリピンに移住することになりました。

フィリピンへ移住するためにいろんな手続きや引っ越しの段取りをしていると、妻のフィリピーナがフィリピンへ移住することをためらいます。もっと日本で働きたいというのです。

v

彼の心は既にフィリピンへ傾いています。日本で暮らすつもりは全くありませんでした。妻を何度も説得しますが、なかなか首を縦に振りません。そこで彼は自分だけフィリピンに移住することにしました。

愛するフィリピン妻は日本のフィリピンパブで働き、自分はフィリピンは移住するのです。なんとも不思議な状態です。

フィリピンパブで妻が働くということは、いろんな男性と話をしたり、セクハラをされたりするわけです。そういった状況に自分の愛する妻を置き続けたいとは、私なら到底思えません。

しかし、妻が日本のフィリピンパブで働き、旦那である中高年日本人がフィリピンに移住している夫婦は結構います。妻は稼ぎ続けたいし、日本人の旦那は日本から脱出して自由すぎるフィリピンで暮らしたいようです。

詰まるところ、フィリピーナが好きというよりも、日本に住む自分の環境変えたいというのが本音のような気がします。

もちろん、最初はフィリピーナに惚れて、次にフィリピン移住と心変わりしたいと思います。しかし、次第にフィリピン移住の方に心が完全に動いてしまい、フィリピン妻と一緒に住むのは二の次のようになります。

日本は世界的に見ても素晴らしい国です。あらゆる面で世界のトップを走っていますが、その分、窮屈な面も兼ね備えています。フィリピンは残念ながら発展途上国をひた走っています。

あらゆることが不便で、非効率的で、汚職に腐敗にやりたい放題です。とてもじゃないですが日本女性が住むところではありません。しかし、日本に疲れた中高年達からすれば、このやりたい放題な感じがたまらなく魅力に感じます。

彼がフィリピン妻を日本においてフィリピンに移住したのは、窮屈な日本を出て、やりたい放題なフィリピンで心を休めたかったのかも知れません。

続く

<スポンサードリンク>

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします

 

dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>