<スポンサードリンク>

KTVの可愛いフィリピーナが住んでいる家はスラムのど真ん中だった

マニラのKTVで遊んでフィリピーナと仲良くなり、親しい関係になると、私は彼女の生活空間を知りたくなります。「家に行っていい?」と聞くと、たいていのフィリピーナは恥ずかしがりますが、最終的にはOKの返事をくれます。
 
そこで彼女の家を訪ねると、仰天するようなスラム街に住んでいるフィリピーナが何人かいました。掘っ建て小屋をさらに区切って、三畳ぐらいのスペースに間借りして、数人で住んでいたりします。部屋の暑さはハンパではなく、数分もすれば汗がにじんできます。
 
もちろん、水道もないですし、シャワーもありません。ゴキブリ、ダニ、ネズミが走り回っていそうな部屋です。こんな可愛いフィリピーナが、こんなところに住んでいるかと思うと心が締め付けられる思いでした。
 
icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
 
 
<スポンサードリンク>


 

スラムから感じる日本では味わえない感情

 
日本人や韓国人相手のKTV、世界中の男を相手にするGOGOバーは仕事の無いマニラでしたら、ソコソコ収入のいい商売のはずですが、彼女たちは困っている連中にお金を分け与える傾向があります。
 
フィリピン人特有の分け与える精神が、貧乏な彼女たちの生活をさらに困窮させます。更に金銭管理という教育を受けたことがないので、目の前にあるお金を貯めて、いざというときに備える術を知りません。
 
そんな理由もあって、彼女たちはいつも貧乏が多い様な気がします。
 
フィリピンのスラム
 
シャブ中、飲んだくれ、ギャンブル狂、殺人犯、強盗などがわんさかいて、すごく悪い人だけど凄くいい人とか、いい人だけど運の悪い人とか、運が悪いから信心深いとか、信心深いから貧しい人々など、ありとあらゆる人間がスラムには住んでいます。
 
マニラに住む日本人の一部はスラムの近郊に住んでいますが、近所にはホールドアッパー(ピストルを突きつけて金を奪う強盗)が沢山住んでいると言っています。彼らはジプニーにわざわざ乗って、マニラまでホールドアップしに出かけます。
 
スラムは特別なところにあるわけではなく、マニラの至るところにあることに驚きました。巨大なビルや綺麗なレストランが立ち並んでいる地域から、数分もジプニーに乗って裏路地に入れば、一気に街並みが変わります。到着した場所はとにかく子供の数が異様に多く、真昼間であっても中学生、高校生?と思われる子供がウロウロしています。
 
もちろん、凄まじい数の大人も真昼間からぼぉ~としています。入れ墨をして麻薬で瞳孔が開いていて、短パン姿の浅黒い男たちを見るとギョッとしてしまいます。目つきが怖すぎて思わず、逸らしてしまうほどです。しかし、このスラムは一度行くと癖になってしまい、また行きたくなる場所です。。
 
このスラムでは生きていくには、我々には理解できないルールを守らなければならないはずです。そんなルールなんて興味もない人が殆どでしょうけど、私はとても興味があります。このおぞましい環境が楽園を生むと言う逆説が、スラムでは成立することをひしひしと感じます。
 
俗なるところが聖に通じ、酷いものが清らかなものに近く、単純なものが真実に迫るという逆説を深く感じれる場所です。
 
スポンサードリンク

 
 

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします
dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>