<スポンサードリンク>

フィリピンに住む高齢者たちは貧困化し、孤独死していく

フィリピンでの孤独死

日本が超高齢化社会なのは説明するまでもありません。超高齢社会が加速度的に進んでいますので、日本の社会保障費の増大も止まりません。

これから日本国内でやってくるのは、医療費負担の増、介護保険料と介護負担の増、生活保護のカット、年金のカットなどです。

こういったことを書いたり話すと、ネガティブ思考だと思われますが違います。現実が見えているからこそ、どういう風に社会が変化していくのが見えるのです。

日本は世界三位の経済大国であり、消費大国ですが、大きなトレンドとしては下っているのです。ですから、あらゆる面で国民負担が増え、貧困層と富裕層の格差は広がります。

icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

<スポンサードリンク>

日本の貧乏な高齢者が生きていける場所はどこ?

日本で貧困に苦しむ高齢者は9割に達しています。年金だけではとても生活が出来ず、節制しながら無理矢理生きています。

フィリピンに住みながら、年金を貰っている人たちがいますが、円安とフィリピンのインフレ、年金の削減により、かなり厳しい生活を強いられています。生活が厳しいからと言って、高齢の日本人に仕事はありません。

リタイアメントビザを持っていない高齢日本人もかなりいますので、オーバーステイのまま過ごしている高齢日本人もいます。

当然、日本へ帰国するための旅費、オーバーステイの罰金はありませんし、帰国しても家も何もない人が殆どです。自分では手も足も出ないどうしようもない状況なのです。

これはフィリピンに住む高齢日本人だけではなく、タイやマレーシアなどに住む高齢日本人にも言えます。また、更に危険なのが、40代以降の中年でありながら、フィリピンで生活せざるを得ない人たちです。

フィリピンで孤独死

何らかの理由で日本に住めないわけですから、フィリピンや東南アジアでまともな職に就けるはずもありません。日本の年金も払わず、海外で暮らしていますので、20年後の年金もありません。

60歳を超えた高齢日本人がフィリピンで仕事もなく、年金もなく、どうやって生きていくのでしょうか。「フィリピンなら何とかなる」と言う人もいますが、何とかなっていない人の方が多いでしょう。

誰かを騙したり、ボッタくりをして生きている人間もいますが、そんなことがいつまでも出来るはずもありません。いずれは病気になって、誰からも相手にされず、フィリピンで孤独死をすることになるでしょう。

フィリピン人は仲良くさえなれば、気さくで面倒見がよく、老人にも優しい人達です。しかし、そういったフィリピン人との付き合いさえない高齢日本人が多いのが現状です。

「日本人が孤独死」と言うニュースは、実はタイでは当たり前のように流れています。タイも困窮邦人が非常に多く、孤独に亡くなる高齢日本人が毎年増えています。

フィリピンに住む高齢者、中年たちは、身の振り方を考えておかないと、非常に厳しい最期を迎えることになりかねません。今こそ、じっくり考える時ではないでしょうか。

<スポンサードリンク>

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします

 

dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>