<スポンサードリンク>

現地の日本人が同胞の日本人に高値で商品を売るのはいつものことだ

詐欺師のフィリピーナ

ビザ取得に関しての詐欺業者もいますが、コンドミニアム購入の仲介や紹介をする怪しい日本人もフィリピンに沢山住んでいます。日本の高齢者がブログやホームページなどを見て、コンドミニアム購入を決断しました。
 
この業者はNPO団体を名乗っていて、公共性の高い団体や善意の第三者のように見せかけ、ホテルの手配、車の手配、不動産の仲介などで相場以上の値段をふっかけます。NPO、ボランティアを名乗り、フィリピン政府と交流があるように吹聴し、高齢者を信頼させます。
 
日本では役人や政府が詐欺まがいなことをすることが、あまりありません。ですから役所や政府と何らかの繋がりがある業者は、まっとうな業者だと思い込んでしまいがちです。この思い込みを悪徳日本人や業者は利用しています。
 
icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
 
<スポンサードリンク>

 

フィリピンのNPOやボランティア団体ほど怪しいものは無い

 
東南アジアはもちろん、外国全般に言えることですが、日本人同士のトラブルで、しかも少額詐欺なら、現地の警察は全く当てになりません。特にフィリピンでは殺人事件であっても、数日後には捜査を打ち切ってしまうぐらいです。
 
結局泣き寝入りするしかないのが残念ですが、これが現実です。テレビや新聞では殺人事件の報道はありますが、小さな詐欺事件は報道しません。報道されない分、沢山の被害者と加害者がいます。
 
日本人は日本領事館が紹介した業者や提携しているとうたっていると信用します。この日本領事館と言う巨大な信頼を利用して、ボったくる業者も往々にして存在したことがあります。今ほどネットで情報が取れない時は、特に悪徳業者が沢山いました。
 
ある日本人が情報を得ようと領事館を尋ねました。そこでやはりNPOを運営していると言う日本人を紹介されました。紹介された日本人はとても感じが良く、高齢者に対してとても気が付く人間でした。
 
海外に住む詐欺師
 
この人間が、フィリピンのコンドミニアムの売買に関して詳しいフィリピン人を紹介してくれました。このフィリピン人も日本語が堪能で良さそうな人でした。フィリピン人に物件紹介を頼んで、2日後には素晴らしい物件がありましたと連絡がきます。
 
早速物件を見に行くと、彼が希望した通りの物件で80㎡で1,000万円ほどの良物件でした。彼は日本と比較してしまいますので、とても安いと思いその場で契約をしようかと傾きました。
 
しかし、念のためにと思い一応現地の新聞や他も当ってみようと思ったのです。すると同じ物件がフィリピン人が提示した額よりも200万円安い800万円で販売されていた広告を発見したのです。
 
危うく200万円ほど高値で買いかけましたが、何とか難を逃れました。いわゆる日本人価格です。十分な知識を得て、しっかりリサーチしてから購入しないと高値で買わされてしまい、後から後悔することになります。
 
日本で不動産を購入するときは慎重かつ冷静に動ける人でも、外国に来ると慎重さと冷静さが一瞬で吹き飛んでしまいがちです。日本人はぼったくられる人種であることを忘れてはいけません。現地のフィリピン人が日本人価格で売りつけるのはもちろん、現地に住む日本人も日本人価格で売りつけてきます。
 
高額商品の殆どに日本人価格が設定されていると思って間違いありません。しっかり調べてから購入の決断をしましょう。
 
<スポンサードリンク>

 

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします
dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>