<スポンサードリンク>

フィリピンを美化しすぎても悪口言いすぎてもダメだ

フィリピン・マニラ

フィリピンに高齢者になってから来るのと、30代からフィリピンに来て働き、年齢を重ねていくのでは歴史が全く異なります。20代からフィリピンに移住して働く人は少ないですが、30代でしたらいます。
 
マカティやセブ、ダバオ、特区などにはフィリピンでは若いとされる30代の日本人が働きながら、フィリピンを楽しんでいます。
 
この年齢からフィリピンで働けば、フィリピンの文化、言葉、習慣、危機管理能力も必然的に身に付きますので、フィリピンで人生の最期を迎えやすいと言えるかもしれません。
 
icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
 
<スポンサードリンク>

 

フィリピンの滅茶苦茶なところに惚れてしまう

 
中年世代で、フィリピンで働きながら暮らしている方の動画を紹介します。
 

 
動画だけを見ればフィリピンは魅力満載のように感じますが、フィリピンで怖い思い、悔しい思いをしたことがある人は、違った意見を持つと思います。
 
治安が悪いのは間違いないのです。ただ、怖い思いをしたことが無い人は、「フィリピンはそれほど治安が悪くない、大げさに言いすぎだ」と息巻いて話します。
 
治安は日本であっても場所によっては犯罪率の高い地域もありますから、フィリピンでも同じです。トンドに行けば治安は一気に悪くなりますし、マカティなどのグローバル都市の一部であれば、それほど問題ありません。
 
フィリピンの警察事情、政府、行政などの内情を少しでも知れば、「是非、フィリピンへ」と言う言葉は出てこない気がします。
 
あらゆる大きなリスクがフィリピンにはあります。このリスク以上に魅力を感じれば、フィリピンへ移住するのも有りだと言うのが私の思うレベルです。(実際はリスク以上に魅力満載ですが)
 
フィリピンの面白画像
 
動画で話されている彼の素晴らしい所は、キチンとフィリピンで仕事をしてサラリーを得ている点です。起業したにしろ、勤務しているにしろ、まともに仕事をして生計を立てているのは素晴らしいことです。
 
フィリピンに住む日本人の一部にはロクでもない層がいますので、イメージがとても悪いのです。表面では愛想よく、信頼のおける日本人を装いますが、裏では金を引っ張ろうと画策ばかりします。
 
こういった輩が目立ってしまいますので、キチンとしている日本人まで色眼鏡で見られてしまうのが残念です。ちなみにアメリカに住む日本人は40万人いますが、相当香ばしい人も沢山います。
 
しかし、イメージがそれほど悪くないので、香ばしい日本人が隠れています。フィリピンは国自体のイメージが、日本でよろしくないので余計に拍車がかかります。
 
リスク満載の滅茶苦茶な国ですけど、こんな楽しい国はないですね。
 
<スポンサードリンク>

 

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします
dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>