<スポンサードリンク>

マニラの鉄道工事を中国から奪い日本政府が2,400億円のODA

フィリピンと日本

日本政府は、フィリピンの首都マニラで計画される鉄道の整備事業に約2,400億円の円借款を供与する方針であることが判明した。政府開発援助(ODA)による一回の貸し付けとしては過去最大規模。

安倍首相が5月に、新たな支援戦略と して打ち出した中国主導のAIIBに対抗する「アジアでの質の高いインフラ投資」の第1弾となる。

金額の大きさだけでなく長期にわたる成長の持続性も重視 した支援。日本企業の商機も広がりそう。

icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

<スポンサードリンク>

アンダーグラウンドなフィリピンを理解し付き合う

日本政府がフィリピン政府と更に近づきつつありますが、フィリピンと言う国は油断が出来ません。フィリピンの空港建設なども日本企業が請け負っていましたが、工事代金の支払いを難癖つけて渋ったり、賄賂が巨額だったりします。

日本とは商習慣が大きく異なる国です。賄賂関係は中国の方が得意ですので、ある意味フィリピンと相通ずる面があります。フィリピン経済は華僑が完全に掌握していますので、中国とも太いパイプがあります。

こういった事情の中、日本企業や日本人が食い込んでいくのは並大抵ではありません。それでもフィリピンに食い込み、経済活動をしている日本人を尊敬します。

フィリピン経済は今後も伸びていく

動画をご覧いただくとわかりますが、フィリピン経済の沸騰ぶりがわかります。経済成長率は6%ほどですので、日本の高度成長期と同じレベルの成長ぶりです。

フィリピンは今後も成長する可能性は高いですが、あまり成長し過ぎるとタイやマレーシアのように物価が上がりすぎます。そうなると日本人からすると魅力が半減してしまいます。

成長してほしい様な、そうでもないような…。



<スポンサードリンク>

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします

 

dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>