<スポンサードリンク>

第一話 女の尻ばかりを追いかける高齢者とは一線を画す日本人夫婦たち

仲の良い高齢者夫婦

外務省が発表しているフィリピンに在住している邦人数は約18,000人です。実際はオーバーステイやら、なにやらで20,000人は軽く超えているとも言われています。
 
殆どが男性ですが、フィリピン人の介護はレベルが高く、国も暖かいため治安の良い場所を選択すれば楽しめるとされています。
 
フィリピンと言えば、フィリピンパブや治安が悪い印象ばかりですが、少しずつ印象に対して変化しているそうです。
 
実際、治安が悪い地域と、そうでない地域の差は大きく、セブやダバオとなればマニラと全く異なります。
 
icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
 
<スポンサードリンク>

 

フィリピンに移住する日本人の種類が変化している

 
フィリピン経済は外資流入や中国の人件費高騰によるアセアンへの流入などもあり、相変わらず好調です。日本企業もフィリピンへの投資を増やしていますし、介護ビジネスも浸透しています。
 
また、経済成長によってコンドミニアムの価格が上がっていますので、投資と住居、介護もかねてフィリピンに移住する高齢者夫婦もいます。
 
このフィリピンで自分たちが望む暮らしを手に入れた高齢者夫婦がいます。彼らはセブの中心部から少し離れた場所に暮らしています。自然が豊かな場所で、治安も環境も良い場所です。
 
住居はコンドミニアムの3LDKで、広さは軽く100㎡を超えています。日本のマンションと比べて天井が高く、ゆとりを持った設計です。この広々としたコンドミニアムで家賃は4万円です。
 
セブのコンドミニアム
 
日本ではあり得ない安さなのは言うまでもありません。この物件がマニラの中心地にあると、かなり仰天する家賃ですが、セブの郊外ですから格安です。
 
15階建ての11階に住んでいて、ベランダに出ると日本の都心のようにさえぎる建物は一切ありません。海も近く、絶景と心地よい風がふきます。最高の景色と柔らかい風がふくベランダで、夫婦でコーヒーを飲んでいると日本にはない幸せを感じるそうです。
 
フィリピーナを必死に追いかける高齢者がフィリピンには多いですが、別の人種としてフィリピンを満喫している高齢者夫婦が増えています。
 
夜の街とは縁がなく、フィリピンの綺麗な海や日本以外の国からロングステイで移住してきている人達と交流し楽しんでいます。
 
夫婦でフィリピンでゆっくりと過ごす…。素敵な老後ですよね。
 
<スポンサードリンク>

 

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします
dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>