<スポンサードリンク>

高齢日本人はフィリピンの医者にボったくられて悲惨な最期を迎えかねない

フィリピンの医者

多くの高齢者が、テレビで放映された海外での老後生活に影響されました。自分の自宅を売却し、日本に帰れるところを無くした状態で海外移住しています。
 
この退路を断つと言う行為が、年齢を重ねるにつれてジワジワト効いてきます。フィリピンに逃亡している人の多くは、日本に住む場所がなく、日本に帰れば追い込みがかかるか、警察などの厄介になる人でしょう。逃亡者も平等に年をとっていきます。
 
フィリピンで骨を埋めると簡単に言いますが、いざ、病気をして毎日請求される高額な医療に泣いた日本人がどれだけいるでしょうか。激痛に悩まされても、治療費が高額すぎて払えない辛さは尋常ではありません。
 
icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
 
<スポンサードリンク>

 

フィリピン人と交渉できなければボったくられる以外に選択肢はない

 
元気な状態と、足腰が弱くなり、体も気力も衰えた状態のことを予測できる人間はとても少ないのです。ましてやフィリピンの医者の多くは日本人と分かると、擦り傷でも入院させる勢いです。
 
内臓疾患などであれば、訳のわからない理由を付けて入院させるか、大量の薬で日本人の財布から捥ぎ取ろうとします。フィリピンの病院はもちろん、東南アジアの多くの病院が先進国の人間から出来るだけ治療費を抜こうとします。
 
さらに、自分の信頼している嫁や家族が医者や、病院からキックバックを貰っていることもざらにあります。現地の病院を知っているのは嫁や親せきです。
 
彼らに悪気がある無しに関わらず、旦那が持っている資産を出来るだけ自分のモノにして、フィリピン人の家族のために使いたいと思っています。ですから、高額な医療費を病院から請求させて、裏で現金を貰ってしまうのです。
 
我々からするとまがった家族愛ですが、彼らにとっては当たり前の行為です。
 
フィリピンの医者
 
さらに、KTVで遊んだり、飲食店で注文するレベルのタガログ語や英語しか知らない高齢者が多いので、病院からすればまさに”鴨ネギ”状態です。
 
医者が言ってることが理解できないのですから、医者や病院はやりたい放題で、言葉のわからない日本人はやられたい放題です。
 
体が弱っている状態で医者に英語やタガログ語でたたみ掛けられて、反論どころか朦朧としている状態を想像してみてください。医者と看護師は弱った高齢日本人を見つめながら、「さて、この爺さんはいくら持ってるかな?」とニヤニヤしています。
 
終末医療をフィリピンで解決できないとは言いませんが、交渉も出来ない高齢者の日本人が鴨にされない保証はどこにもありません。恐ろしい最期を迎える前に、語学力を付けるか、絶ってしまった日本へ再び道を作るのが賢明でしょう。
 
<スポンサードリンク>

 

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします
dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>