<スポンサードリンク>

日本人がフィリピンで商売を成功する確率は1%切るでしょう

フィリピン・マニラ

今でこそアベノミクスで大企業は盛り返してきましたが、中小企業への恩恵はまだまだ先か、実感なき景気回復となるでしょう。景気低迷が長引くと、他の儲かる仕事に目がいきがちです。
 
そんな時に儲け話がどこからともなく入ってきます。手元にある僅かな資金でも、成長率の高いフィリピンなら起死回生出来ると言う話についつい乗ってしまいます。
 
このフィリピン関係のビジネスで騙された人は、数えきれません。被害者の多くは中高年です。被害に遭う理由はとても簡単です。フィリピン国内の法律を知らずに勧めてしまうことです。
 
icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
 
<スポンサードリンク>

 

ド素人日本人がド素人フィリピン人に商売を任せるのは滑稽

 
儲け話と一緒に事業計画らしきものが手渡されます。事業計画には素晴らしいことが、沢山記載されていて、いかにも儲かる内容がてんこ盛りです。この事業計画の裏付け、現地確認をせずに出資して失敗します。
 
儲け話を聞いている内に信用してしまい、裏取りをせずに出資する人の多さはハンパではありません。下手すれば、契約書も交わさずに口約束で出資したり、相手の名前、住所を確認せずにお金を渡しているケースも多々あります。
 
儲け話を持ってきた人の名刺に書かれた番号に、その人が存在するかの確認さえ取っていないのです。
 
日本人が英語を話せない理由も大きな原因の一つです。英字新聞はもちろん、英語でのあいさつも出来ない人が、フィリピン国内で事業を始めてうまくいくはずがありません。
 
フィリピン・マニラビジネス
 
また、商売や事業を始めるきっかけですが、フィリピーナの恋人がいて、手伝ってくれるので安心といったこともあります。そして、フィリピーナの家族がいるから大丈夫だろうと言う、恐ろしく安易な考えです。
 
日本人が知り合うフィリピーナの多くは貧困層です。まともな教育を受けることが出来なかった層の女性が、KTVやフィリピンパブで働いています。
 
経済、経営、会計、法律、人事、マーケティングなど、何一つ知らないのです。日本で言えば、中学1年生にお金を渡して、商売をやってみろと言っているのと同じです。
 
日本で中学1年生に数百万円を預けて、商売をやってみろと言う人はいません。しかし、日本の中学1年生と同じレベルの教育しか受けてないフィリピーナには、資金を託したり、商売のパートナーとして認めるのです。
 
失敗する理由が多すぎて、上手くいくはずがないのです。せいぜい、サリサリストアーレベルで納めておくのが、大きな怪我がなく賢い選択です。
 
<スポンサードリンク>

 

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします
dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>