<スポンサードリンク>

第八話 フィリピン人妻のおねだりがついにはじまってしまったのか…

嘘つき・騙す・おねだり・フィリピン

フィリピーナのホスピタリティに惚れ込んでいる日本の高齢者ですが、数年前に奥さんに疑い目を向けたときがありました。奥さんが突然「自動車が欲しい」と言い出したのです。
 
日本人の友人たちから、散々脅かされていました「おねだり」がついに始まったかと腹をくくったそうです。この状況からどうやって逃れようかと必死に考えました。
 
20代や30代のフィリピーナが父親と同じぐらい年の離れ、言葉すらまともに話せない日本人と交際したり、結婚する理由が何かを考えればわかります。言うまでもなくお金です。
 
色んなおねだりを若いフィリピーナがするのは当たり前なのです。
 
icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
 
<スポンサードリンク>

 

フィリピン人妻とディーラーが組んで騙す

 
フィリピーナのおねだりにはいろんな形があると、フィリピンに住む日本人は言います。まずは携帯電話から始まります。日本円なら数千円~数万円で買えますので、大体の日本人は応じてしまいます。
 
次に、ジュエリー、洋服、車、家へと要求が強烈に膨らんでいきます。こういったパターンで貢ぎ続けたとしても、世界の男たちは「俺は女に惚れられている」という屈指の勘違いから目が覚めません。
 
彼の場合は、交際中でも奥さんからおねだりをされたことがありませんでした。住宅を買ったのも彼から申し出たことでした。それだけに車が買いたいという一言で、思わず身構えてしまったのです。
 
フィリピンの中古車
 
奥さんはすでに車の下調べを終えていました。自動車ディーラーにも一人で行って、手ごろな車を見つけていました。希望の車種はフィリピンでも人気のトヨタの自動車でした。
 
彼は元タクシードライバーでしたから、車の知識はプロです。奥さんが買いたいと言う自動車を見るために、ディーラーへ向かいました。
 
ディーラーに到着し、奥さんが欲しいと思っている車を確認しました。それは日本から輸入した中古車でした。しかも走行距離は20万キロを超えていて、日本では売り物にななりません。
 
この売り物にならないレベルの自動車が75万円だと言うのです。廃車寸前の車がフィリピンにまで持ってきたとしても、あまりにも高いと思ったのです。
 
彼は「これは怪しすぎる。ディーラーと奥さんが組んで、私を騙そうとしている」と腹の中で思いました。
 
続く
 
<スポンサードリンク>

 

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします
dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>