<スポンサードリンク>

フィリピンで日本人2人を殺害したとされる長濱博之容疑者のインタビュー

比・邦人不明 2人「銃で撃った」と男出頭

フィリピン西部パラワン州のコロン島で、井谷勝さん(59)と新井康寛さん(24)が殺害されたと報道されている事件の容疑者は長濱博之です。

彼が殺害を計画したのかは未だ不明ですが、腑に落ちない点があります。それは長濱博之容疑者が保険金をかけていたということです。井谷勝さんと新井康寛さんを日本食レストランの幹部として雇い入れの面接のために、パラワン州に呼んだそうですが、保険金を掛ける必要があるのでしょうか。

長濱容疑者曰く「(求人はしたが)現地を見たこともなく採用、不採用というわけにはいかないので、『一度お越しください』と」「こちらでアクシデントが起こるといくらかかるかわからないので、いつも上限いっぱいで(保険金をかけている)」と話しています。

icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

<スポンサードリンク>

長濱博之容疑者は嵌められたのか、若しくは保険金殺人犯なのか

保険って何の保険なのでしょうか。生命保険だとしたら、これから入社するか否かの人間に生命保険をかけるなんて聞いたことがありません。

フィリピンの事業に関わる人の一部にはよろしくない人間がいます。普通の人であっても、フィリピンで働いてみたものの簡単に辞めてしまうのに、なぜ保険金をかける必要があるのでしょうか。

私には理解できません。

長濱博之容疑者の話していることをまとめます。

  • 俺は日本語しか話せない
  • なぜ犯人扱いされているのかわからない
  • まともな取り調べも受けていない
  • やっていない
  • 証拠も見せられていないし、弁明の余地を与えられていない
  • 警察のストーリー。事件自体、ねつ造

フィリピンでビジネスをするのに日本語しか話せないって…。フィリピーナを追いかけて日本からやってきた親父の中に、英語もタガログ語も話せないのに商売をする人がいます。

ご多分に漏れず、フィリピン人に食われてしまい大損するか、困窮邦人に落ちぶれるか、日本に泣きながら帰ります。彼が殺害したか否かはもちろん不明ですし、何らかのセットアップの可能性もあるでしょう。

ただ、彼の話の内容はあまりにも怪しすぎます。

追記

長濱容疑者は2001年に下記のように報じられています。

短銃の入手ルートを追及していた県警銃器対策課、第11管区海上保安本部などの合同捜査本部は、銃がフィリピンから営利目的で密輸入されたものとして銃刀法違反(所持)の罪で起訴され、公判中の会社役員長浜博之被告(39)=京都市=と、会社役員三好定男被告(34)=石垣市=を9日午前、同法違反(密輸入)の容疑で再逮捕した。

また、別の詐欺事件で逮捕していた自営業江口則広容疑者(28)=京都市=も密輸容疑で再逮捕するとともに、共犯として山口組系暴力団幹部ら二人を全国指名手配して行方を追っている。

更に保険金ですが、かけていたのは旅行保険でした。傷害保険で死亡した場合、1億円がおりる保険で、二人共に1億円ずつ保険がかけられていました。

保険の受け取りは法定相続人に半分、そして半分は「楽しょう合同会社」になっていました。この楽しょう合同会社は東京都港区新橋5丁目にあり、代表は長浜博之です。

あとは説明する必要はないでしょう。

別の保険金殺人の動画です。この事件も保険金を得るために日本人が日本人を殺害する計画を立て、フィリピン人に殺害を依頼しました。

下記はパラニャーケで殺害された岩崎宏さんに関する動画です。

<スポンサードリンク>

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします

 

dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>