<スポンサードリンク>

馬鹿な日本人はフィリピーナには金を使い、肝心なところには金を使わない

日本から旅行者がフィリピンに向かい、フィリピンに住んでいるブロガーの方と食事をしたり、飲みに行くことがあると思います。誘われるブロガーの方も慕って渡比してくれる日本人に会うのは嬉しいと思います。
 
ただ、ちょくちょく聞く話として感じるのが、金銭感覚の違いと、何でもかんでも無料だと思っている旅行者が多い点です。
 
リタイアしてフィリピンで暮らしている人の多くは、大金持ちではありません。年金と貯金を少しずつ使いながら、慎ましく生活されています。そういった現地に住むブロガーがバンバンお金を使えるはずがありません。
 
icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
 
<スポンサードリンク>

 

金の使い方を知らない人はムダ金ばかり出ていく

 
日本に住んでいれば仕事をしている場合が殆どでしょうし、フィリピンに遊びに来るぐらいですから、それなりに余裕があるでしょう。こういった旅行者が、現地に住む人を食事や飲みに誘うと結構お金を使います。
 
細かい話ですが、この食事代や飲み代を割り勘にされると、現地に住む日本人の財布はかなり痛いのです。旅行者は短い期間で一気に使いますが、在留邦人の場合は長期間フィリピンに住みますので無駄に使えません。
 
この差を埋めるのがかなり厳しいと、在留邦人から話を聞くことがよくあります。また、在留邦人をセキュリティーの頼りとして誘う旅行者たちもいます。
 
在留邦人と一緒であれば、いろんな面でセキュリティーが高く保たれますので、旅行者からすれば助かります。ただ、在留邦人も自分の時間を割いて旅行者に付き合っています。
 
馬鹿な日本人はフィリピーナには金を使い、肝心なところには金を使わない
 
下手すれば、付き合う度にお金が飛んでいきますので、日々の生活に影響します。旅行者が自分の安全を在留邦人に頼りたいのであれば、幾らかのお礼は必要だと思います。
 
日当1万円とは言いませんが、それに近い金額を支払い、更に食事代、飲み代も旅行者が負担してあげて欲しいものです。日当、食事代、飲み代も旅行者が負担するなんてあり得ないと思われるのであれば、1人で行けばいいのです。
 
フィリピンは基本的に拝金主義なので、あらゆることにお金がかかります。ちょっとした口利きだけでも、500ペソ、1,000ペソがかかる国です。そういった国で在留邦人は生きていますので、細かいお金が出ていくものです。
 
こういった在留邦人の事情を考慮し、お金は余分にかかったとしても在留邦人と付き合ったり、セキュリティーを頼みたいなら誘うべきだと感じます。
 
KTVやGOGOのフィリピーナには数万円でもポンポン支払うのに、頼りになる人に対して金を使わない日本人が多すぎます。女の尻ばかりに大金を使うのではなく、生きたお金を使ってほしいものです。
 
<スポンサードリンク>

 

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします
dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>