<スポンサードリンク>

自分の貯金が無くなるまで送金し、金が無くなった時騙されたと気づく

オーバーステイ

外国人が日本に入国する際、今は指紋検査が行われます。この指紋検査によって不法入国はかなり減ったと言います。
 
しかし、この指紋検査が実施される前は、あらゆる手段を使って外国人が日本に不法入国をしていました。元々日本に居て強制送還されたフィリピン人が、名前を変えて不法滞在中に知り合った日本人とフィリピンで結婚します。
 
そして、別人に成り済まして日本人の妻として日本に入国した例は、数えきれないほどありました。今でも別人のまま日本で生活しているフィリピン人をはじめとする外国人は沢山いるでしょう。
 
icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
 
<スポンサードリンク>

 

フィリピン人は生きるために必死に工作をする

 
日本人の夫もフィリピーナが偽名と知っていながら、「フィリピンを観光していたとき初めて出会いました。」「知人の紹介で現地で初めて会いました。」などと、入国管理局に虚偽申請して入国させて一緒に暮らすという事例は数え切れないほどありました。
 
人間は一度、法を犯してしまうと、自分の意思ももちろんですが、法を犯すことに巻き込まれてしまいます。妻の名前が虚偽であることを知ったまま結婚し、日本で生活を始めたとします。
 
フィリピン妻は母国のフィリピンから弟や妹を呼びたいから、身元保証人になってほしいと日本人に頼みます。日本人は妻の言うことだからと思い、快く引き受けます。
 
兄弟が入国すると就労ビザものないのに、夜の街や工場などで働き始めます。日本人は見て見ぬふりです。ビザの期限が来てフィリピンに帰国しなければならないのに、オーバーステイをして働き続けます。
 
オーバーステイ
 
若しくはオーバーステイのまま、結婚相手を探し、結婚ビザの取得を試みます。こういった事態を見て見ぬふりをしている日本人夫は沢山いるでしょう。
 
先進国の人間は自分の国のシステムを同じ尺度で、途上国のシステムを見てしまいます。先進国では偽造できるはずがないと思う書類でも、途上国では1,000円、2,000円で偽造できてしまいます。
 
現地(フィリピン)の法律や婚姻手続きの法律など、我々が知る由もありません。ですからフィリピン人が言うことを聞くしか方法が無いのです。前回の記事で紹介していた彼も、彼女の言うことを鵜呑みにしていました。
 
鵜呑みにし続け、知り合って結婚しようと言う話になってから、1年半以上毎月送金をし続けました。誰かが彼のことを思い、騙されていて搾取されているとアドバイスしても彼の耳には届きません。
 
彼は自分が結婚する予定のフィリピーナとフィリピン夫との離婚を成立させるために、更に裁判の費用を彼女に送金し続けるでしょう。そして、生活費も毎月送金し続けるでしょう。
 
騙されていた気づくのは自分の資金が無くなり、資金が無くなったことを彼女に伝えたときです。彼女は彼のことを一蹴し、彼は人間不信に陥り人生のレールを大きく踏み外しことになるでしょう。
 
思い込みと無知は本当に危険です。
 
<スポンサードリンク>

 

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします
dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>