<スポンサードリンク>

ドゥテルテ大統領付き映像ディレクターが撮ったフィリピンの真実

ローサは密告された

カンヌ国際映画祭をはじめ、世界中の映画祭で多数の賞を受賞してきたフィリピンの社会派映画監督ブリランテ・メンドーサ氏の作品「ローサは密告された」が7月29日から全国で順次公開される。

フィリピンに関心のある人には必見の映画である。ロドリゴ・ドゥテルテ大統領が進める「麻薬撲滅戦争」の背景が活写され、千人単位の死者を出しながらもなお圧倒的多数の国民がそれを支持するわけを垣間見ることができるからだ。

http://www.huffingtonpost.jp/naoji-shibata/ma-rosa_b_17609952.html

今も昔も…フィリピン舞台作品に浮かび上がる人間愛

フィリピンのマニラでロケ取材したのは映画「海燕ジョーの奇跡」の撮影だから34年前ということになる。

藤田敏八監督、時任三郎主演。佐木隆三氏の原作は、沖縄のヤクザがフィリピンに逃亡する物語だったので、観光スポットとは趣を異にする地帯に同行した。

マニラ市北方のスラム街、スモーキー・マウンテンと呼ばれるゴミ投棄場から立ち上る煙や特有の匂い以外にも忘れられない体験をした。撮影現場を離れる必要があって、1人でタクシーに乗ったときのことだ。

https://www.nikkansports.com/entertainment/column/aihara/news/1862874.html

icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

<スポンサードリンク>

フィリピン、高成長と低インフレを実現 前中銀総裁の遺産

フィリピンの中央銀行総裁が3日、交代した。副総裁だったネストール・エスペニリャ氏が(58)が昇格し、2期12年総裁を務めたアマンド・テタンコ氏(64)が退任した。

テタンコ氏はインフレの抑制に手腕を発揮し、フィリピンが経済成長を続けるうえで大きな役割を果たした。3代の政権で総裁を務めた同氏の遺産をどう生かすかが、フィリピン経済の先行きを左右しそうだ。

フィリピン「麻薬戦争」では、無実の民間人が大量に投獄されている

このたび、『世界の混沌〈カオス〉を歩く ダークツーリスト』を刊行したジャーナリスト・丸山ゴンザレスが、フィリピン「麻薬戦争」の現地レポートをお届けする。

フィリピンのスラム街で次々と人が殺害されている。殺されているのは麻薬の密売人や中毒者とされているが、その数は1年間で5千人にも及んでいるという。

これまでにない麻薬取り締まりの強化、撲滅作戦をぶち上げたのが、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領である。2016年6月に大統領に就任すると、すぐさま「麻薬取引を撲滅するため、犯罪者を一掃する」と作戦を開始した。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52360



イオン系、フィリピンで自動三輪車ローン IoTで与信管理

イオンの金融子会社イオンフィナンシャルサービスは7月からフィリピンで、主に「トライシクル」と呼ばれる自動三輪車の購入資金を貸すオートローンを始めた。あらゆるものがネットにつながるIoTを使い、返済が滞るとエンジンをかけられなくして与信を管理するのが特徴だ。貧困層に就労機会をつくれば、貧困からの脱却を手助けできる。

フィリピン マニラ/フィリピン全土禁煙化実施に伴う各ホテルの対応について

2017年7月23日(日)より、フィリピン全土禁煙化が大統領令によって施行され、公共の場での喫煙が全面禁止となりました。

7月27日現在、ホテルより発表されている禁煙の対応は下記通りです。

下記ホテル以外でも、ほとんどのホテルが全室禁煙可を進めております。

なお、客室の他、レストランやロビーでの喫煙は、罰金対象となっておりますので、フィリピンを訪問予定の愛煙家の方は、十分にご注意ください。

http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=78662

在住経験者が教える、フィリピン旅行で気をつけたいこと。治安だけじゃない!

フィリピンの水道水は飲用に適していないため、フィルターを通した水かミネラルウォーターが基本です。レストランやカフェで供される氷水の「氷」には要注意! 白く濁った氷は水道水を凍らせたものなので、お店の人に頼んで氷なしのものに取り替えてもらうようにするか、ミネラルウォーターをオーダーするのが無難です。

在住経験者が教える、フィリピン旅行で気をつけたいこと。治安だけじゃない!

<在日中国人のブログ>フィリピンで見た、日本人と中国人の歴史の輪廻

7月6日から9日まで、初めてフィリピンを旅した。マニラで開催された海外華人イベントに参加するためである。日本では、在日中国人が80万人ぐらいであり、一方、人口1億人のフィリピンには、200万人以上の華人が暮らしている。

華人の中、福建省出身の人が8割を占めているという(※海外に住む中国人は華僑あるいは華人と呼ばれ、「華僑」は中国国籍を残したままの中国系住民を指し、「華人」は帰化した中国系住民を指す。この文章では、海外に住む中国人を「華人」と統一して呼ぶ)。

http://www.recordchina.co.jp/b185381-s120-c30.html

続く

<スポンサードリンク>

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします



dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>