<スポンサードリンク>

1,560万円を日本人女性に貢ぎ続けた男がなぜ話題に?

フィリピンの詐欺師たち

8月に一人の日本人女性が詐欺容疑で逮捕されました。一人の日本人男性から1,560万円を詐欺で奪い取った疑いです。2011年に3か月間で1,560万円を奪い取ったようです。

3か月間で1,560万円はなかなかの強者です。しかし、フィリピーナやフィリピン人にゴッソリやられている日本人を山ほど知っている我々からすれば、それほど珍しいことではありません。

では彼女がどうやって1,560万円を奪い取ったかを紹介しましょう。彼女は夜の仕事に従事していて、客としてきた40代の男性に自分の不幸話を持ち掛けました。

icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

<スポンサードリンク>

フィリピーナの不幸話は毎度おなじみのこと

「父親が親戚にお金を借りていて、さらに障害者になってしまって働けなくない。借金の催促がひどくて辛い。私が代わりに全部返済したい」と男性に持ち掛けました。

すると男性は彼女の事を不幸なもとに生まれた女性だと思い、彼女から悲しい話をされるたびに、100万円、200万円、500万円と渡し続けました。

男性から女性に渡したお金が3か月で1,560万円を超えた時点で、連絡がぷっつりと取れなくなりました。男性は彼女の事を本当に心配していました。

しかし、あまりにも連絡が取れない期間が続いたため不審に思いました。そして、自分が騙されたことに気づき、警察に相談し、今回の逮捕につながったようです。

1,560万円は確かに大きな金額ですが、フィリピンにズボ嵌りして家も地位も金も失った人からすれば、大した金額ではありません。

日本女性詐欺師

数億円単位でやられてしまい、困窮邦人になった人は結構います。また、数千万円とは言いませんが、数百万円単位でやられている人は星の数ほどいます。

こういった現実を知っているフィリピンフリークの方々からすれば、大した話ではありませんが、日本ではニュースになるほどです。

フィリピーナにやられて全てを失った人の事もニュースで報道してほしいぐらいです。

それにしても、いつの時代も女性が男性から多額のお金を引き出す方法は、身内や自分の不幸話です。しかし、実際は殆どが作り話で、受け取ったお金はホストや酒、遊びのお金に消えます。

今回捕まった日本女性も、1,560万円をホストへ貢いでいました。騙された男性は、必死に稼いだ金をもぎ取られ、ホストに貢がれてしまった現実を受け入れるのはキツイでしょうね。

夜の商売をしているフィリピーナを含む日本女性は、プロの女性たちです。プロを口説く楽しさはあると思いますが、大体は口説かれてしまい、散在してしまいます。

くれぐれも気を付けて遊んでください。

<スポンサードリンク>

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします

 

dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>