<スポンサードリンク>

フィリピン人家主には法を犯してでもボったくるクレイジーがいる

マニラと地方

フィリピンに長期滞在する際に、必ず通る道がマンション探しです。ホテルにずっと暮らせるはずもありませんから、マンションはどこかの時点で必ず借りなければなりません。
 
フィリピンはタイやマレーシアほど、安価なサービスアパートが充実していません。ですから普通のアパートを借りなければなりません。ある日本人がフィリピンに移住してきて、アパートを借りることにしました。
 
知り合いのフィリピン人を通じて借りることにしたのですが、1か月4万円と提示されます。当然、日本人価格なのはわかっていますので、家賃の交渉をしました。
 
icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
 
<スポンサードリンク>

 

儲かるのなら何やったってOKなのがフィリピン

 
すると4万円の家賃が2万円に下がりました。半額まで下がることにビックリしますが、取れる人間から出来るだけ取るのがフィリピン式です。
 
彼は家賃を半額に値切れたので、随分安くなったと喜んでいました。生活必要なものを揃えて、順調にフィリピン生活が始まります。1か月経過して、家賃がなぜ半額になったのかが理解できました。
 
家主から彼に対して請求された電気代は30,000円を超えていました。いくらフィリピンの電気代が高いからと言っても、あり得ない金額です。家賃よりも電気代が高いって聞いたことがありません。
 
フィリピンの安いアパート
 
周りの住民に聞くと、同じように高いと言いますが、彼ほど高くはないようでした。このアパートは各自が電気代を支払うのではなく、各部屋についているメーターを家主が集計して、アパート全体で電気代を払うシステムになっていました。
 
よくよく調べてみると、家主が1キロワットあたり10ペソ以上上乗せして、彼に請求していました。彼には10ペソ上乗せですが、他の部屋は2ペソだったり、5ペソだったりいろいろです。
 
要はボッタくりやすい人間からは出来るだけボッて、文句を言ってくる借主にはあまりボったくらないようにしていたのです。彼の場合は家賃を値切られたので、最初にかなり吹っかけたのです。
 
そして彼の様子を見ながら1キロワットあたり5~6ペソの上乗せで落ち着かせようとしていたようです。借主同士が結託して調査すれば、簡単にばれることですが、意外にそこまではやらないモノです。
 
これを見越して、家賃意外にも収益を上げようと画策していたのです。儲けれる相手からは、不正だろうがボッタくりだろうが関係ありません。倫理観などが欠如している小金持ちの家主もいますので要注意です。
 
<スポンサードリンク>

 

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします
dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>