<スポンサードリンク>

フィリピン嫁と家族に強盗されても彼はフィリピン家族から離れない

セットアップ・フィリピン

日本からフィリピンへ向かう便で、マニラ到着が夜遅い場合があります。遅くなればなるほど、危険度が増すのは言うまでもありません。マニラ新聞や人の噂を聞いていると、1年に5~6人ほど夜中の到着便で深夜強盗に遭っています。
 
深夜便での送迎はホテルタクシーやねもとトラベルに頼むことが多いと思います。ホテルタクシーやねもとトラベルの送迎で、強盗にやられた話は聞きません。
 
強盗にやられるのは単独タクシーか、彼女やフィリピンに住む家族、知人に迎えに来てもらった場合です。タクシーの場合はドライバーと別で待機している仲間が、強盗に変貌するので可能性として理解できます。
 
icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
 
<スポンサードリンク>

 

数百万円失っても、偽家族愛を感じれるなら我慢する

 
自分の彼女のフィリピーナや家族が迎えに来て、自宅やホテルへ向かう途中に強盗に襲われた場合が一番たちが悪いでしょう。一番信用している身内に強盗されるほど悲しいことはありません。
 
身内や彼女が迎えに来ても、意外とタクシーで迎えに来ます。自家用車があっても、強盗するときはタクシーの場合が多いと言います。
 
さらに取られる金額が50万円、100万円単位です。なぜ、たまたま大きな金額を持っているときに強盗に狙われるのでしょうか。なぜ、迎えに来ている人の被害はなく、大金を持っている人間だけピンポイントで狙われるのでしょうか。
 
夜中の便ですので、周りが真っ暗な状態でタクシーを走らせています。そんな中、なぜ、大金を持っている人間が乗っているタクシーを狙うことが出来るのでしょうか。
 
フィリピンに関わる人ならわかると思いますが、家族たちの自作自演による強盗ですね。傍から見れば、身内や近い人間に嵌められているとわかりますが、本人は身内の犯行とは微塵も思っていません。
 
ある日本人が、強盗の被害に遭った日本人高齢者に『身内の犯行だぞ』と注意を促しました。しかし、全く聞く耳を持たなかったと言います。嫁のフィリピーナと家族が裏切る訳がないと言い張るのです。
 
何度言っても聞かなかったそうです。強盗に遭った後も、普通に家族として付き合っていたそうですが、自宅を建築するために数百万円を持ち込んだ際もやられました。
 
フィリピン家族が強盗に変わる
 
今度は強盗ではなく、とても混んでいるモールを歩いている際に、鞄をナイフで裂かれてしまい、お金と携帯を盗られたそうです。フィリピン人嫁や身内が一緒にいたのにです。
 
モールには数千人のお客がいたはずです。もちろん日本人は少ないにしても、フィリピン人家族が一緒にいて、金と携帯だけ盗られるってありえません。
 
どこからどう考えても自作自演の犯行です。フィリピン人家族が、知り合いや知人に頼んで盗らせたのでしょう。しかし、彼は嫁と家族を一切疑いもせず、一緒に暮らしているそうです。
 
バカ丸だしではあるのですが、彼はそれでも幸せだそうです。
 
彼はすでに70歳で日本に身内はいません。彼の家族はフィリピン人の家族だけなのです。数百万円を失っても、フィリピン人家族をがいれば彼は満足なのです。
 
ある日本人がこの高齢日本人と話しているときに、ふと感じたそうです。高齢日本人はフィリピン嫁と家族が強盗したり、スリを頼んだのを気づいているのです。
 
気付いていますが敢えて一緒に生活しているのです。彼には強盗する嫁と家族しか頼れる相手がいないのです。ですから、彼はグッと我慢して彼らと付き合っているのです。
 
いろんな生き方がありますが、彼の選択ですから我々がとやかく言うことではありません。それにしても切ないですね。
 
<スポンサードリンク>

 

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします
dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>