<スポンサードリンク>

EUの巨額無償援助をフィリピンが拒否、背景に中国との蜜月関係か

フィリピン・マカティ・KTV

フィリピン政府は5月半ば、欧州連合(EU)からの2億5000万ユーロ(約300億円)に上る無償資金援助について、内政干渉などを理由に拒否すると発表した。ドゥテルテ大統領はこれまで、現政権が進める麻薬撲滅戦争を批判するEUに反発し、双方の関係はぎくしゃくしていた。今回の発表はこうした経緯が影響したとみられる。

現地報道などによると、この援助案件は、イスラム教徒が多いフィリピン南部、ミンダナオ島における開発事業だった。アベリア大統領報道官は記者会見で、大統領が財務省の勧告に基づいて判断したと述べた上で「国内政策が干渉される恐れのある案件だった」と語った。

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/10143

中国「南シナ海、介入拒否を」 フィリピンに呼びかけ

【マニラ=遠藤淳】中国の王毅外相は25日、フィリピンを訪れ、カエタノ外相と会談した。会談後の記者会見で王氏は南シナ海の領有権争いに関し、「幾つかの域外国が関与し、南シナ海の平穏を乱そうとしている。我々はともに立ち上がり『ノー』という必要がある」と発言。米国や日本を念頭に南シナ海問題への介入を拒否するようフィリピンに呼びかけた。

 東南アジア諸国連合(ASEAN)議長国のフィリピンでは8月上旬に閣僚級の関連会合が開かれ、中国も参加する予定。この時期の訪問には、南シナ海問題を当事者ではない国が参加する会議で俎上(そじょう)に載せないようクギを刺す狙いもあったとみられる。

icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

<スポンサードリンク>

フィリピン戒厳令、大統領が国民に理解求める

【マニラ=遠藤淳】フィリピンのドゥテルテ大統領は24日、首都マニラで施政方針演説を行い、南部ミンダナオ島に敷いた戒厳令について「反乱を制圧するにあたり、最も早く、最も犠牲を減らせる手段だ」と述べ、国民に理解を求めた。治安改善のため軍の人員を増強する方針を示した。

 施政方針演説は昨年7月に続き2度目。2時間にわたり内政や外交について方針を話した。

三井不動産、フィリピンでマンション開発

【フィリピン】三井不動産はフィリピンの不動産開発会社ロックウェルランドと共同で、マニラ首都圏の最大の行政区であるケソン市でマンションを開発する。

 敷地面積約1・8ヘクタール、地上24階、28階、34階の計3棟(計1706戸)で、2025年竣工の予定。総事業費約195億円を見込む。

 三井不動産初のフィリピン事業で、事業シェアは20%。 三井不動産は東南アジアではタイ、シンガポール、マレーシア、インドネシアで住宅事業を展開。マレーシアでは商業施設の開発運営も行っている。

雑貨店装い家族で“不正送金”フィリピンに3億円か

 雑貨店を装って家族で営んでいたのは、許可を得ていない銀行業でした。

 キレイ・デニス・フレンゼル・ヤマシタ容疑者(40)ら5人は、2014年9月から約3年にわたり、免許を持たずに為替取引を行って不正に約24万5000円をフィリピンに送金した疑いが持たれています。警察によりますと、フレンゼル容疑者らは千葉県君津市などで雑貨店を装って銀行業を営み、客から受け取った日本円をフィリピンペソに換算し、フィリピンに送金していました。

帳簿の記録から少なくとも約1億円を送金していたとみられ、フレンゼル容疑者は「5年前から3億円近く送金していた」と容疑を認めています。



フィリピン大手銀、女性幹部が38億円横領容疑

メトロポリタン・バンク・アンド・トラスト(フィリピン銀行大手) 女性幹部が17億5000万ペソ(約38億3000万円)の横領で逮捕されたと発表した。「事件に関わった個人は逮捕され、当局に拘束されている」という。

 国家捜査局(NBI)によれば、同行の法人向け事業部門トップのマリア・ビクトリア・ロペス氏は文書を偽造し、250億ペソの融資枠から9億ペソと8億5000万ペソを取り出し、別の融資枠を作った。融資額の改定で得た200万ペソ以上の利益は、同氏が開設した口座に流れた。

 顧客が融資を引き出せなかったことから不正が発覚したという。

 被害の総額は今後の捜査で明らかになる見込み。NBIのラビン副局長は「今回の事件で失った最大のものは、銀行システムのインテグリティー(信頼性)だ」と話した。

お手伝いさんはフィリピン人 高度外国人材呼ぶ狙いも

お手伝いさんは外国人――。そんな家庭が日本で出始めました。日本は外国人労働者の受け入れに慎重な国ですが、東京都、大阪市、神奈川県など政府が「特区」と決めた地域では料理や洗濯などの家事を外国人にしてもらえるようになったのです。フィリピンから来た女性が働き始めています。

 政府はこれで「女性の活躍を後押しする」と言います。働く女性が増え、共働き家庭は専業主婦家庭の2倍近くになっています。仕事も家事も育児もこなすのではヘトヘトになるので家事を外注できるようにしよう、というのです。

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO18918030V10C17A7905E00?n_cid=LMNST020

JTのマイティー買収、競争委の承認待ち

フィリピンの財務省は25日、日本たばこ産業(JT)による地場たばこ製造・販売マイティー・コーポレーションの資産買収の完了は、フィリピン競争委員会(PCC)の承認待ちとの見解を示した。買収額が450億ペソ(約987億円)に上るためだ。同国の公正競争法(共和国法第10667号)は、取引額が10億ペソを超える企業の合併・買収(M&A)には、PCCへの事前通知と承認が必要と規定している。

財務省は声明で、マイティーの租税債務215億ペソの支払い時期は、PCCの承認次第と明らかにした。公正競争法の施行細則(IRR)では、承認の可否の決定には30日程度かかるとされている。

https://www.nna.jp/news/show/1639865

<スポンサードリンク>

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします



dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>