<スポンサードリンク>

ドゥテルテ大統領の指示で過去1000人以上の犯罪者らが違法に殺害された

フィリピン・ダバオ

フィリピン南部ダバオ市で暗躍したとされる「処刑団」の一員だった男性が15日、上院で証言した。男性は、当時市長だったドゥテルテ大統領の指示で過去1000人以上の犯罪者らが違法に殺害されたと述べた。

5月の大統領選では、長年市長を務めたドゥテルテ氏も処刑団に関与した疑惑が出ていた。

男性の証言によると、処刑団は警察官や元共産党員らで組織され、1988~2013年にドゥテルテ氏の指示で殺人を実行。対象は主に犯罪者だったものの、ドゥテルテ氏に批判的な人物や、ドゥテルテ氏の妹の交際相手も含まれた。

生きたままワニのえさにするなど残虐な手法が取られたケースもあった。

icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

<スポンサードリンク>

マスコミの報道をどれほど信用するかは知識と器による

男性は、国の捜査当局者が殺されたケースでは、ドゥテルテ氏自身が直接殺害したとも証言。「われわれはほとんど毎日のように誰かを殺害していた」と語った。

男性は処刑団を脱退後、政府の保護下に置かれたが、ドゥテルテ氏が今年5月に大統領に当選してから逃亡。逃亡の理由について「命が狙われることを恐れた」と述べた。


ドゥテルテ大統領をかばう気は一切ありませんが、大きな変化の時にはいつも犠牲者がつきものです。何の罪もない人が被害を被った話は沢山あります。犯罪者と間違われたり、犯罪に巻き込まれるのは本当に辛いことです。

ただ、フィリピン国民はこういった犠牲があったとしても、すでにドゥテルテ大統領を支持しています。治安を向上させるためには、多少の犠牲はやむを得ないことを理解しています。

もちろん亡くなってしまった方には言葉がありません。多分、小さな子どもたちも被害にあった可能性はあるでしょう。

発展途上国が少しずつ普通の国に変貌していく時には、誰かが犠牲になっているように思います。

またいろんな勢力がドゥテルテ潰しに躍起になるでしょうから、信ぴょう性があるのか無いのかわからない報道も頻繁に行われます。

どこの国のマスコミも事実であってもなくても報道しますから、参考程度に聞き入れるのが懸命ででしょう。

<スポンサードリンク>

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします

 

dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>