<スポンサードリンク>

フィリピン・ペソの旧紙幣を交換期限が迫っているがフィリピーナには関係ない

フィリピン・ペソ

フィリピンの旧札の市中での使用が2015年までとされ、マニラでは旧札の受け取りを断る店舗が増加している。

現在、1985年にはじめて発行された旧紙幣と2010年から発行されている新紙幣が流通しており、新紙幣は偽造されにくいようにホログラムなどの特殊加工が多く施されている。

市中ではほとんど新紙幣が流通しているが、食堂やコンビニエンスストアのおつりなどで100ペソ、50ペソ、20ペソなどの少額旧紙幣が渡されることもある。

旧紙幣は2016年1月からは支払いなどには使えないこととなっており、受け取りを拒否されることも多い。2016年中、年旧紙幣は銀行などで新紙幣と取り換えることができるが、2017年からは銀行でも交換できず紙幣としての価値はなくなり、紙くずとなる。

icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

<スポンサードリンク>

我々が心配することはフィリピン人にとって問題ではない

フィリピン・ペソの旧紙幣がそろそろ本格的に使えなくなりそうなので、知り合いのフィリピーナに気をつけるように伝えました。

そもそも宵越しのお金しか持たないフィリピン人ですので、手にするお金はすでに新紙幣だったりします。へそくりなどもありませんので、フィリピーナ達は新紙幣、旧紙幣などを全く気にしていませんでした。

私の気遣いは全く不要だったわけです。ただお金をの話をしたばっかりに、子供の学費、電気代、家賃が…と愚痴られてしまいます。

この雰囲気はお金を要求されると思い、さっさと電話を切って難を逃れました。政府の公式発表では厳格に適用するような感じですが、なにせフィリピンですからズルズルいくのでしょうか。

フィリピン・ペソ

新紙幣にして偽造が以前よりも減ればいいですが、偽造紙幣を作る輩もプロたちです。あらゆる技術を総動員して作りますので、また偽造紙幣が出まわるでしょう。

日本の紙幣のようにコストと技術を投入して紙幣を作れば、偽造は減りますがフィリピンではなかなか難しいでしょうね。

そんなゆるい感じもフィリピンの楽しいところです。

追伸

サウジアラビアなどの中東が揺れていることで、サウジに住むOFWからの送金が怪しくなってきています。中東からのOFWによる送金はフィリピンの中でも大事な収入源です。

このOFWからの収入が大きく減ると、フィリピンに住む沢山の家族が厳しい状況に追い込まれます。

何とかサウジアラビアには頑張ってもらいたいものです。

<スポンサードリンク>

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします

 

dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>