<スポンサードリンク>

アジア・フィリピンに光を・ホームレス少年「タイソン君の路上生活」

フィリピンの子供

アジアが注目されるようになったのは、アメリカや欧州が次の投資先として利益が出ると見たからですが、現状のアジアを知らない日本人は多くいると思います。フィリピンに関わるようになっている人でも、フィリピンのダークな部分に触れることが少ない方もいます。
 
Youtubeでフィリピンのダークな部分に触れている動画がありますので紹介します。
 
<スポンサードリンク>

 

 

 

 

 

 

フィリピン政府は意図的に教育に重きをおかない

 
フィリピンの構造は賛否両論あるとは思いますが、華僑にハンドリングされています。財閥、政治家、官僚、裁判官など国の中枢には必ず華僑が座っていて、多くのフィリピン人は華僑の下で苦しい生活を強いられています。
 
外資の流入によって一人当たりGDPが少しずつ上がり、以前よりは生活レベルは上がっていますが、相当厳しい生活を強いられている人が多くいます。生活レベルを上げるには付加価値の高い仕事を少しでもするべきですが、教育を受けてきた人間以外に付加価値の高い仕事はできません。
 
日本は少子高齢化ですが、フィリピンは多子若齢化により雇用に関する需要と供給が釣り合っていません。多くの家庭が貧困にあるためまともな教育を受けることが出来ないのは、フィリピン政府の意図的な狙いがあると思います。
 
多子若齢化により若い世代が多ければ多いほど、人件費が下がりますので、外資の流入で雇用が増えても人件費は上がりません。
 
更に若い世代を海外で働かせることによって、外貨を獲得し続けることが出来ます。中東で多くのフィリピン人が辛い目にあっていても、フィリピン政府はお約束の抗議ぐらいしかしません。華僑を中心とするフィリピン政府は少々の犠牲を当然と思っていると私には見えます。
 
一部の人間が巨額な資産を抱え続けるフィリピンの構造が変わることはまだまだ先でしょう。
 
<スポンサードリンク>

 
面白画像52
 

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします

 

dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>