<スポンサードリンク>

日本企業のカルビーがフィリピンに合弁企業設立し、菓子の製造販売で進出

カルビー

日本人になじみのあるカルビーがフィリピンのユニバーサル・ロビナ・コーポレーションとの合弁企業を設立しました。カルビーのスナック菓子の製造販売を行います。
 

<スポンサードリンク>

 

2014年の4月にパシグ市に設立します。資本金は6億ペソでカルビーが50%、URCが50%です。営業開始後の売り上げ目標は6年以内に年商40億円を目指すそうです。
 
ユニバーサル・ロビナ・コーポレーション(URC)は主力の消費者向けブランド食品(BCF)のほか、砂糖や小麦粉などの生活必需品など幅広く食品事業を展開しています。
 
urc
 
また、すでに日清食品との合弁企業日清ユニバーサル・ロビナを設立していて 即席袋めん・カップめんの製造販売をおこなっています。
 
URCはフィリピンで非常に好調な業績で、売上高は前年度比13%増の810億ペソです。原材料価格の安定によって営業利益は同30.9%増の103億ペソ、純利益は同23.6%増の101億ペソと二桁増益です。
 
2012年度も63%増益なので、カルビーはフィリピンでも非常に優秀な企業と組んだようです。
 
<スポンサードリンク>

 

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします

 

dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>