<スポンサードリンク>

中国監視船、南シナ海でフィリピン漁船に放水

フィリピン軍トップのエマニュエル・バウティスタ参謀総長は24日、マニラの外国特派員協会で講演しました。
 
フィリピンと中国が領有権を争う南シナ海のスカボロー礁付近で1月27日、中国の海洋監視船がフィリピンの漁船に放水を行って駆逐する事件があったことを明らかにし、中国側を非難しました。
 
お手数です。いつもの応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
 
中国VSフィリピン
 
スポンサードリンク

 

フィリピン・アメリカVS中国?

 
スカボロー礁で2012年にフィリピンと中国の艦船が2か月にわたって睨み合いを続けていました。中国はフィリピンの退去要請を無視し、スガボロー礁付近に監視船を派遣し実効支配を進めていました。
 
その際にフィリピン船に放水したようです。
 

 
フィリピンの参謀総長は「我々の漁民に暴力が加えられることがあれば、(軍は)国民と国家を守る義務に従い対応するまでだ」と述べ、中国側が監視船による行動をエスカレートしないようけん制しています。
 
表面上はフィリピン・ベトナム・日本VS中国ですが、実際の裏の構造はわかりません。表では戦争勃発の不安をあおっていても、国の中枢ではお互い了解しあっていることはよくある話です。
 
国民を犠牲にして戦争を始める国は山ほどあります。日本も中国もアメリカも一部の巨大な利権を持つ人間が、戦争を煽り、国民を犠牲にして巨額の資金を得ます。
 
何が真実かは不明ですが、マスコミの報道に一喜一憂せず自力が必要ですね。
 
スポンサードリンク

 
 

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします
dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>