<スポンサードリンク>

幸か不幸か日本の大人のコンテンツは爆発的な人気

 
<スポンサードリンク>

 
クールジャパンを取組む日本政府は、官民一体となって日本の文化や洗練されたコンテンツを世界に売り込んでいます。ゲーム・漫画・アニメが世界中で活躍していますが、実は大人の分野(アダルト)が既に海外の一部で非常に高い人気を誇っています。
 
大人の専門検索サイトであるPornMDが公開している情報を基に、アメリカのニュースサイト「QUARTZ」が分析したところ、東・東南アジアで、日本の大人のコンテンツの人気が非常に高いことが判明しました。
 
東南アジア各国(中国、韓国、フィリピン、ベトナム、マレーシア、インドネシア、タイ)で検索されたキーワードのトップ10である55個のうち、22個が日本の大人の言葉でした。
 
[colored_box color=”red” corner=”r”]「japanese」・「japan」・「japanese girl」・「japanese wife」・「hentai」、インドネシアでは「japanese」・「japan」はもちろんですが、2名の日本の大人の女優の名前がトップ10に君臨しています。[/colored_box]  
日本のアニメ
 

なぜ日本の大人のコンテンツが海外で人気?

 
なぜ日本の大人のコンテンツが海外で人気なのかは、下記の理由からのようです。
[deco_bg image=”postit1″ width=”100%”]  
[icon image=”point1-1-gr”]日本の大人の産業が巨大かつ巧妙で技術力や作品力に加え影響力がある。日本が誇る世界的な人気ジャンル、「アニメ」や「変態」のコンテンツを作成している
 
[icon image=”point1-2-gr”]アジアで一番大きな国家、中国が大人のコンテンツを作成しないため、日本の独壇場
 
[icon image=”point1-3-gr”]性的なものに関して、どちらかといえば男性優位の価値観を共有している。日本の女優は純真無垢という世界中の男が思う理想の女性像を大人のコンテンツが表現している
 
[/deco_bg]  
世界の日本女性に対する印象をうまく表現すれば、さらに日本の大人のコンテンツは躍進するかもしれません。
 
<スポンサードリンク>

 
面白画像10

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>