<スポンサードリンク>

個人市場が拡大するフィリピンではクレジット市場も拡大する

イオングループ体制

中間層が増ることで個人市場が拡大しつつあるフィリピンですが、消費に伴いクレジット市場も拡大しつつあります。

フィリピン人でクレジットカードを持っている人はまだまだ少ないですが、消費市場の拡大とクレジット市場の拡大は連動していますので、多くの日本企業が狙っています。
 
<スポンサードリンク>

 

[colored_box color=”gray” corner=”r”]アセアン地域でのクレジットサービス実績
 
・イオンクレジットサービス(アジア) – 香港でのクレジット事業などを展開。

・イオンザナシンシップ(タイランド) – タイでのクレジット事業などを展開。

・イオンクレジットサービス(マレーシア) – マレーシアでのクレジット事業などを展開。
[/colored_box]  
イオンクレジットサービスは2008年にイオンクレジットサービスシステムをフィリピンに設立しています。

アセアンの中でインドネシアに次ぐ人口を持つフィリピンでは、家電・家具を中心としたクレジットニーズが高まる可能性が高く、イオン加盟店での分割払い事業を開始しています。
 
イオンカード
 
現金支払いのみならず、小口のクレジット払いによって小売りの利益だけではなく、金融の利益も十分に狙えると予想しています。クレジットカードの発行も続々と予定しているようです。
 

イオンモールが続々と東南アジアへ出店

 
イオンモール出店予定
 
イオンモールはタイはもちろん、カンボジア・ベトナム・インドネシアに続々と出店しています。フィリピンへの出店も視野に入っているようなので、マニラもしくはセブあたりでイオンモールを見かけることになるかもしれません。
 
マニラのロビンソンの商品が全く信用できないというわけではないですが、ほぼ全てのお店がフィリピンタイムとフィリピンクオリティーです。
 
日本企業のイオンモールなら、少しはジャパンクオリティーを楽しめるのではと期待してしまいますが、タイで入店したイオンモールはやはりタイクオリティでした。(笑
 
<スポンサードリンク>

 

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします

 

dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>