<スポンサードリンク>

フィリピンはそれほど危険な国ではないと言う人たちは発言に責任を持てるのか

フィリピンの悪徳警官

睡眠強盗、誘拐、暴力、保険金殺人、強姦、アブサヤフ、悪徳警官など、フィリピンの新聞はロクでもない記事であふれています。もちろん日本も同じですが、日本の安全度とは比較になりません。
 
初めてフィリピンに渡航したとき、コンドミニアムやモール、ホテルの前などにショットガンや銃を持ったセキュリティが立っているのを見ると、思わず腰が引けたでしょう。自分は危ない国に来たんだなと思わざるを得ません。
 
しかし、フィリピンは日本人が思っているほど危険な国ではないと豪語する人がいます。そもそも日本より安全な国を世界で見つけるのは難しいですから、安全とは絶対にいい切れません。
 
自分の娘や彼女、姉妹、妻にフィリピンは危険じゃないと言えないなら、それは危険を意味するのです。
 
icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
 
<スポンサードリンク>

 

危ない目に遭遇するのはこちらにも否がある

 
貧困層が多い国では犯罪率が高くて当たり前です。食べるために強盗や詐欺、人身売買、ドラッグは付き物です。そもそも警官が一般市民や旅行者を脅して、金をむしり取る国を『それほど危険ではない』と言う感覚が不思議です。
 
フィリピン好きなのは結構ですが、おめでたいにもほどがあります。私ももちろんフィリピンは好きな国ですが、安全と好き嫌いは別次元の話です。必要以上に警戒するぐらいで丁度いいと個人的には思っています。
 
ただ事件に遭遇してしまうのは、自分にミスがある場合が多々あります。大金を持って出歩いてみたり、フィリピンの商習慣を理解せずに大金を投資したり、ちらつかせると強盗や詐欺に遭います。
 
また、フィリピン人に対して馬鹿にしがちですので、彼らの怒りを買ってしまう発言や行動で事件に遭遇している人もいます。公の場や人が多い場所でフィリピン人に怒鳴っている日本人や外国人を見かけます。
 
フィリピンの悪徳警官
 
あれはマズいですよね。恨みつらみを買うネタをわざわざ提供してるわけです。後々事件に巻き込まれても自業自得としか言えません。また、危険な場所に興味本位で近づいたりするのもダメです。
 
わざわざ新宿の歌舞伎町で大金持って歩いて、金を盗られても自業自得などの同じです。危険な国なのは間違いないのですが、重要なのは危険を感知できるまで、信頼できる人と行動を共にするか、自主的に抑えることです。
 
信頼できるフィリピン人がいればベストですが、こんな話があります。10年ぐらい付き合いのあって信頼できるフィリピン人に、20万円の現金が入ったカバンを10分ほど預けた日本人がいました。
 
10分後フィリピン人は彼の目の前から消え、二度と会うことが出来なくなったそうです。人の金を盗んだフィリピン人は悪いですが、フィリピン人の年収以上の金を預けた側に大きな問題があります。
 
数十年と言う長い困窮生活を強いられている人に、年収以上の金を預ければ心が揺らいでしまいます。盗られた側はフィリピン人を責めますが、盗りたくなる状況を作った日本人にも大きな責任があります。
 
全ての行動や言動にいえますが、相手がこちらに危害を加えたくなる状況を作っているから被害に遭うのです。1秒たりとも気を抜かず行動するのは不可能ですが、多くの場合は少額の資金で危険を回避できます。
 
変なところでケチらずに、安全をお金でしっかり買う習慣を忘れない人が楽しく過ごせるのではないでしょうか。
 
<スポンサードリンク>

 

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします
dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>