<スポンサードリンク>

かつてフィリピンは韓国に多大な援助を行ったが、韓国はフィリピンの恩を仇で返す

40~50年前、1960年代のフィリピンはアジアのハワイと言われていました。今はアセアンの中でもがいていますが、かつての輝きはなかなかのモノでした。朝鮮戦争が勃発した際にも、韓国を救うためにフィリピンの大事な兵士を韓国に送りました。
 
icon-arrow2-r-sお手数です、応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
 
112人が戦死し、299人が負傷しました。当時は韓国はフィリピンを血盟国とし、同志としてリスペクトしていたという話もあります。1963年にはフィリピンから韓国に対して技術協力や援助を行い、奨忠(ジャンチュン)体育館が建設されました。
 
韓国初の総合体育館でソウル五輪やテコンドーの会場として使用されていました。
 
奨忠(ジャンチュン)体育館
 
<スポンサードリンク>

 

恩を仇で返す国はいくらでも存在する

 
今のフィリピンはODAを受ける側ですが、以前のフィリピンはODAを行う側であったことがわかります。本来の人間の姿としては恩を受けた側は恩を返すのが当たり前です。しかし、韓国や中国は恩を受けることを当然とし、いつでも不義理をするという国です。
 
1960年代の韓国、中国は貧困国はなはだしく荒れていましたが、日本・フィリピン・アメリカなどからODAや技術供与を受けて、経済成長を遂げました。
 
しかし一番の援助国である日本に対して反日活動を続ける中国・韓国ですから、フィリピンに対して感謝することなどあり得ません。弱った国や企業をいつでも食い潰すマインドを持った動物に感謝の気持ちを持てと言ったところで無駄です。
 
フィリピンが台風で大きな被害を受けたときも、韓国からフィリピンに対する援助金はわずか500万ドルでした。ちなみに日本は4,000万ドルです。また継続的にフィリピンへ援助している国は日本59,330万ドル(40%)、米国5,413万ドル(27%)、豪州1,143万ドル(8%)がメインです。日本はフィリピンにとって最大の援助供与国です。
 

lee台風被害の後、韓国の国会でフィリピン出身の美人議員として知られるイ・ジャスミン氏が祖国への更なる援助を訴えた際、奨忠体育館建設の経緯を語ると、

 
「そんな歴史があるわけない」「フィリピンへ帰れ」とネットで大炎上したのである。

 
中国や韓国に事実の歴史は存在せず、政府にとって都合がいい歴史が毎年捏造されるのが両国の共通点です。
 
日本やアセアン国家は、中国と韓国という模倣と虚像に包まれた国をうまく操り、適正な距離を保ちながら弱体化させる裏の同盟が必要かもしれませんね。
 
スポンサードリンク

 
 

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします
dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>