<スポンサードリンク>

ドイツが国内市場を開放し、フィリピン人看護師を大々的に募集している

ドイツでフィリピン人看護師募集

ドイツが移民政策に大きく舵を取り始めています。ドイツの人口構成は日本と似通っていて少子高齢化が加速しています。労働不足はあらゆる分野で影響が出ています。
 
少子高齢化を打開すべくいろいろな施策をこうじていますが、なかなか成果は上がりません。
 
そこでメルケル首相はフィリピン人看護師を大きく募集する施策に方向転換しています。看護師不足はもちろんですが、医師や介護士、労働者も不足していますので、フィリピンを含む移民者に対して大きく傾倒していく可能性があります。
 
[check_list image=”check1-gr”]

  • ドイツは、人口の高齢化、労働力不足への移民を必要としている
  • ベルリンは保守系が減少し、リベラルな移民法に傾倒している
  • 移民への差別、敵意解消に取り組む
  • 移住者が投票のシェアを占めてきている
[/check_list]  
フィリピンの良さは中国のように在住者が政治的なイデオロギーに左右されたり、政府から脅かされて動かない点です。また、比較的移住国家に馴染む国民性もありますし、暴力的な移住者が少ないのも特徴でしょうか。
 
共産党政府は海外で在住する中国人の家族を脅してでもコントロールしますので非常に危険です。
 
[icon image=”arrow4s-r-r”]おもしろフィリピン情報はこちら
 
フィリピン人看護師・ドイツで活躍
 
各国がフィリピンに対して移民の開放をもっと緩和すると、フィリピンの人材流出に繋がることにもなります。
 
しかし、国内にいても貧困から脱出はできませんので、海外在住を選択するフィリピン人が減ることはありません。
 
外貨を稼ぎ続けるためにもフィリピン政府は多子若齢化の政策を押し続けるでしょう。
 
フィリピーナ看護師の卵も沢山登録しています↓


 
面白画像53
 

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします

 

dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>