<スポンサードリンク>

フィリピンの新年を祝う花火で小さな子供が流れ弾に…

フィリピンの正月で子供が被害

フィリピンの新年を祝う花火は凄まじいものがあります。爆竹から花火からあらゆる火器と言われるものが登場しますが、安全に配慮せずに酒を飲みながら花火などを扱うため多くの怪我人がでてしまいます。

花火だけならまだしも、拳銃を空に向けて撃ったり、無差別に撃ったりして流れ弾が子供にあたったようです。
 

 
<スポンサードリンク>

子供が新年から犠牲になるのは許せない

小さな小さな子供が新年から調子に乗った大人によって犠牲になることは許されることではありません。被害にあった子供が可愛そうでなりませんが、規制したところでフィリピンで規制が浸透するには時間がかかります。

銃を規制することがそもそもだとは思いますが、ほぼ不可能に近いでしょう。

フィリピンの新年はどこから銃弾が飛んでくるかわからないので、相当な防御が必要です。
 
<スポンサードリンク>


 面白画像15

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>