<スポンサードリンク>

ケチ(クリポット)と言われるぐらいなら、喜んでヘルプするフィリピン人

ケチは嫌われる

世界中に「ケチ」という言葉がありますが、我々日本人が思うケチとフィリピン人が思うケチには大きな隔たりがあると感じます。日本人的なケチは、自分の生活を徹底的に節約し、外食にもいかない、友達ともそれほど付き合いをしない、酒も飲まないなどです。
 
日本の独身女性の多くは苦しい生活を送っています。アルバイトや派遣を掛け持ちしながら働いても、1か月20万円を稼ぐことが難しいのが現状です。こういった厳しい生活を送っている彼女たちに、金をくれとか、奢ってくれと言う人は少ないでしょう。
 
icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
 
 
<スポンサードリンク>


 

 
仮にたかって彼女たちが断っても、誰もケチとは言いません。たかる方がどうかしていますし、そもそも人にたかるぐらいなら、自分で働いて稼げと言うのが日本の考え方です。
 
しかし、日本人の独身女性よりも、遥かに厳しい生活を送るフィリピーナは違いました。

ケチ(クリポット)の後ろに隠れるフィリピンの文化

 
マニラで何らかの仕事に従事しているフィリピーナは、近所に出も住んでいるのだろうと思っていました。しかし、あまりにも遠いところから通勤しているフィリピン人の多さに仰天します。
 
LRTに乗り、エアコンなしのくそ暑いバスに乗って、更にジプニーに乗って着いたところは、お約束以上のボロボロな小屋です。家具も何もない小さな板張りやトタン屋根の小屋でした。そして、その掘っ建て小屋に、自分の子供や自分の兄弟なども一緒に住んでいます。
 
5~6人が掘っ建て小屋に所狭しと住んでいる様に、驚き、興味、悲しみ、楽しみなど、いろんな感情が込み上げてきました。いろんな感情が込み上げてくるのは、日本と比較してしまうからです。私が同じフィリピン人でしたら、普通の光景ですが、日本人からすると驚く光景です。
 
彼女の子供や彼女の兄弟は真面目に働きに出ていますので、3人のちびっ子たちはほったらかしです。彼女が小屋に着くや否や子供たちがまとわりついて、お腹空いた、チョコレート食べたいと連呼します。
 
ケチは嫌われる
 
近所の家の殆どが掘っ建て小屋ですから、同じような生活レベルです。残念だったのは、ちびっ子たち栄養状態が良くないことが素人目にわかることです。十分な栄養を摂れないことから、目や肌、歯などに影響が出ているのが一目でわかりました。
 
何よりも大事な子供たちに満足な食事をさせてあげられないほど困窮しているフィリピン人に、何もしていない無職のフィリピン人はたかります。蹴り飛ばしてやりたいぐらいの気持ちでしたが、彼らのスタイルに口を出せるほど私は偉くありません。
 
フィリピンでは自分より困っている人をヘルプするのが当たり前で、援助をしないと言うことは嫌われることを意味すると聞きます。フィリピン人はケチ(クリポット)と言われることを嫌います。余分があるのに貯めこみ、人を助けないのは悪(マサマ)を意味するというフィリピン人もいます。
 
全てのフィリピン人に当てはまるわけではありませんが、概して彼らの文化にはクリポットを嫌う傾向があると感じました。
 
スポンサードリンク

 
 

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします
dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>