<スポンサードリンク>

フィリピン軍とイスラム原理主義勢力の戦いで50人死亡

フィリピンの南部でフィリピン政府軍とイスラム原理主義勢力との戦いが続いています。現在までに50名以上が死亡しているようです。
 

<スポンサードリンク>

 

フィリピン南方軍報道官が次のように発表しました。

Zamboangacrisis
 
対立は先週から激化し、「バンサモロ(=フィリピンのイスラム教徒)解放イスラム戦士団」が南部のマギンダナオ州にある政府軍の基地を襲撃したことで発生しました。
 
1人の死者を出した政府軍は反撃に出て、イスラム組織に占拠された複数の都市を解放するべく、大規模な作戦を展開。ここ数日でイスラム勢力側の基地3つを掌握、なお作戦を継続中です。
 
バンサモロ解放イスラム戦士団はフィリピン最大の分離主義勢力「モロ・イスラム解放戦線」の分派。フィリピン政府と「解放戦線」は現在、「解放戦線」側が武装闘争を停止し、政権側がバンサモロ自治区をフィリピン南部に創設することを条件とした、平和協定を準備中のようです。
 
戦闘が激化していている地域
 
マギンダナオ
 
フィリピン情報ブログランキング
 

フィリピンの南部は美人揃い

 
フィリピンの南部は美人な女性がとても多いですね。ザンボアンガをはじめ周辺地域はエキゾチックなフィリピン人女性が沢山います。
 
お知り合いになりたいところですが、何せフィリピンの南部ですので行く勇気がありません。
 
また、イスラム過激派と政府軍との対立により地方経済が一部壊滅していて、多くのフィリピン人が職を失っています。食うにも困るぐらい逼迫しているようで、多くの女性が体を売ってでもお金を稼ごうとしています。
 
こういった女性が増えているようなので、性病などの蔓延が非常に懸念されているようです。
 
<スポンサードリンク>

 

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします

 

dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>