<スポンサードリンク>

マニラ首都圏と他地域との消費の差がまだまだ大きい

マニラと地方

日系企業がフィリピンをはじめとする東南アジアに進出する勢いは止まりませんが、進出する地域はマニラの首都圏がメインです。ユニクロが一番最初に進出したのはアジア最大といわれるモールオブアジアでした。
 
<スポンサードリンク>

 ちなみにユニクロは店舗展開を次々と進めています。現在のユニクロの出店は状況です。出店数は11です。
[colored_box color=”red” corner=”r”]

SM Megamall Store
Robinson’s Place Manila Store
SM City Clark Store
SM BF Paranaque Store
SM City Dasmarinas Store
SM Aura Store
SM Pampanga Store
SM City Fairview Store
Glorietta 5 Store
SM North EDSA Store
Uniqlo SM MOA Store[/colored_box]  

マニラ以外の市場はまだまだ小さいフィリピン

 
日本の外食産業も参入が活発化してきていて、ラーメンチェーンの進出が目立っているようです。ラーメンチェーン以外であれば、パスタ専門店や居酒屋チェーン、焼き肉チェーン、日本食チェーンなども続々と出店しています。
 
いずれも出店地域はマニラであり、地方都市ではありません。ターゲットとしている顧客層は中高所得者層及び在留邦人です。地方都市とマニラの給与の差は歴然としているため、地方都市で日系企業が出店しても消費市場としては小さいため採算は厳しい状況です。
 

フィリピン最低賃金
jetroより引用

 
フィリピンの地方都市は消費市場ではなく、生産地域としての位置づけが続くでしょう。生産地域の給与上昇があれば、消費市場も拡大しますので、日系企業の進出にも拍車がかかるかもしれません。
 
<スポンサードリンク>

 
面白画像37
 

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします
dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>