<スポンサードリンク>

日本のレズビアン(同性愛者)とフィリピンの同性愛者への理解度は全く異なる

レズビアン・同性愛者

日本ではレズビアンやゲイなどの同性愛者は、まだまだタブーの域を超えていません。自分の職場にレズビアンやゲイがいるとすると、一瞬で噂になり、下手すれば退職の圧力をかけられる可能性があります。
 
先日、テレビでレズビアン同志で結婚し、幸せな生活を送っている人たちの様子が放映されていました。レズビアンの一人は元宝塚ということもあり、大きく取り上げられています。
 
また、結婚式をディズニーシーで行いましたので、このことでも大きく取り上げられています。彼女たちはある意味、同性愛者の先駆者的として活動している面もあるようです。
 
icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
 
<スポンサードリンク>

 

日本で同性愛が認知されるのはまだ時間がかかる

 
フィリピンに関わる人であればわかると思いますが、フィリピンでゲイやレズの人と話すことはしょっちゅうあります。はじめは若干抵抗がありましたが、フィリピン社会自体が同性愛者を受け入れていますので、私もすぐに抵抗が無くなりました。
 
フィリピンで散髪すると多くはゲイですし、トロトロで働いている人もゲイが多かったように感じます。総じて彼らは面白い人が多く、陰気じゃないので普通に接することが出来ます。
 
フィリピンの上位層で同性愛者がどのように扱われているかは知りませんが、少なくとも庶民レベルでは『ゲイだから…、レズだから…』といった差別は無いように感じます。
 
フィリピン・同性愛者
 
これが日本やイスラム圏となると話は違ってきます。イスラム圏は特別なレベルですので別枠として、日本では身近にゲイやレスビアンがいません(隠している)ので、まだまだ抵抗はあるかもしれません。
 
今でこそ、テレビでマツコやオカマの人たちが活躍してゲイ・おかまには慣れてきてはいますが、レズビアンの知名度や認知度は低いかも知れません。
 
フィリピンに関わっている人でしたら、同性愛者に対して何の差別感も抵抗もないと思います。これは環境が抵抗感を無くさせるからです。ですから日本も同性愛者に対して、抵抗感がなくなる社会になれば変わるでしょう。
 
時間は相当かかると思いますが、ある意味私たちも感情の面では先駆者かも知れませんので、応援してあげてください。
 
<スポンサードリンク>

 

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします
dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>