<スポンサードリンク>

フィリピンにおいてメイドの使い方を知らないと、足元をすくわれる

フィリピン人メイド

日本でメイドを雇える家庭はほんの一部です。私の周りでは見たことも聞いたこともありません。共働きのため部屋を週に1回、掃除してくれたりするダスキンサービスならわかりますが、住み込みや通いで毎日、いろんなことをしてくれるのは見かけません。
 
しかし、フィリピンをはじめとする東南アジア、欧米、簡単に言えば日本以外ではメイドは普通です。日本から駐在でフィリピンに家族で移住し、メイドを雇った駐在員の奥さんは、日本に帰国したくないと言います。
 
メイドにドライバーもいますので、自分は何もしなくても彼らが全てやってくれます。日本ではできない極楽な体験をフィリピンでは日常的に体験できます。一度浸かったぬるま湯を抜け出すのは、並大抵ではないそうです。
 
icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
 
 
<スポンサードリンク>


 

日本にはない階級社会が世界では普通にある

 
日本で退職し、フィリピンに移住した場合、メイドを雇いたくなります。特にフィリピンへの移住は男一人が多いので、身の回りの世話をしてほしいものです。また、多かれ少なかれメイドを使って、いい気分を味わいたいとも思っています。
 
ただ、日本人のメイドに対する接し方は、ほかの国の人たちとは異なります。安く雇用できるのは有難いですが、メイドとの関係は良好でありたいし、差別的な態度はとりたくないと思っています。
 
さらに、60歳を超えて移住する高齢者なら、日本式の「あ・うんの呼吸」を求めてしまうかもしれません。
 
我々は世界的に見てもかなり平等な国で育っています。中流階級がまだまだ太く、フィリピンのような恐ろしい格差はありません。この平等な感覚がメイドに対して問題を誘発させてしまいます。
 
例えば、メイドにオシャレな洋服を買い、コンドミニアムのプール内で自由に泳がせたり、パーティーに同席させたりします。もちろん、食事もテーブルを同じにして、レストランに行っても一緒に食べさせます。
 
フィリピン人メイド
 
我々からすれば何ら問題がないと思えますが、フィリピンの上流階級やほかの国でメイドを普段から雇っている人からすれば、この行いは恐ろしく不可解なことです。
 
「メイドをメイドとして扱うことは人権侵害であり差別だ」と声を張り上げる人がいますが、無知も甚だしいのです。こういった人に限って、メイドに裏切られて根こそぎ持っていかれるのです。
 
食事の際にメイドがダイニングテーブルの椅子に座り、主人が補助いすに座っているなんてことがあるのです。メイドが海外に出稼ぎに出ている兄弟に国際電話をして、何十万円と言う電話代が発生することもあります。
 
メイドのボーイフレンドがいつの間にやら住み着いていたり、メイドの兄弟が住み着くなんてこともあります。
 
ドМの方で、奉仕することが好きでたまらない人であればOkですが、殆どの方は違うでしょう。フィリピンにはフィリピンのメイドの使い方があります。それを知らずして、我々の感覚を持ち込むとドエライ目に遭っています。
 
無知は恐ろしい結果を招くのです。
 
スポンサードリンク

 
 

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします
dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>